TAB Talks #3 – 質問募集中

第三弾のTABトークは3月25日です。東京在住の外国人デザイナーにスポットライトをあてます。

poster for TAB Talks #3

TAB Talks #3「仏パスポート」

東京:その他エリアにある
Izakaya dharma Cafe (旧ゴタンダソニック)にて
このイベントは終了しました。 - (2008-03-25)

In TAB Talks TabTalks 報告 by Paul Baron 2008-03-16

今回のゲストには、様々な業界で働く3人のフランス人デザイナーをお招きすることになりました。

Gwenael Nicolas
日本在住15年。空間デザインとプロダクトデザインを主に手がける

Audrey Fondecave
2000年に来日。OK FREDマガジンの兼ディレクター

Jerome Senaillat
2006年より在住、ウェブデザインとイラストレーションを手がける

彼らの最近の活動について、また日本での生活や仕事ついてなど、色々なお話をしていただきます。

質問募集中!

ディスカッションしてみてほしい事、聞いてみたい質問などを募集します。
当日、選ばれた質問やテーマがトークで話し合われます。
下のコメントフォームから記入し、送信してください。

ご協力よろしくお願いします!
それでは3月25日にお会い出来るのを楽しみにしています。

Paul Baron

Paul Baron. 1977年パリに生まれる。2002年、ロンドン芸術大学(London College of Communication)を卒業後、日本のパワフルなビジュアル文化を堪能すべく来日。本田技術研究所でインタラクションデザイナーとして3年間勤務の後、2004年、オリビエと藤高晃右と共同でTokyo Art Beatを開設。現在は、ウェブ&デザイン会社AQ(エイキュー)でユーザビリティ及びインフォメーションデザイナーとして勤務中。オフの時間は、東京のアート展に通い、IKEAのキッチンでケーキ作りを楽しんでいる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use