TABuzz with Guest Blogger from TokyoArtMap, 金氏 徹平

東京のアートシーンで活躍するゲストが今注目する○○ TokyoArtMapより特別編!

poster for Teppei Kaneuji

金氏徹平 「溶け出す都市、空白の森」

横浜、神奈川エリアにある
横浜美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2009-03-20 - 2009-05-27)

poster for Tatzu Nishi

西野達 「バレたらどうする」

東京:その他エリアにある
URANOにて
このイベントは終了しました。 - (2009-05-09 - 2009-06-13)

poster for Risaku Suzuki

鈴木理策 「WHITE」

銀座、丸の内エリアにある
ギャラリー小柳にて
このイベントは終了しました。 - (2009-05-28 - 2009-07-11)

In Main Article 3 特集記事 by TABuzz 2009-05-20

今月よりスタートしたTABuzz。今回のゲストは、現在配布中のTokyoArtMapより、現在、横浜美術館で個展「溶け出す都市、空白の森」を開催中の金氏徹平さん。TAB Tshirt Collectionにも参加している大注目の若手作家です。

あなたのいま旬なBuzzなもの・こと、教えてください!

▼今回の「Tokyo Art Map」の中で、一番見に行ってみたい展覧会は?
池田亮司「+/-」/ 東京都現代美術館(東京・清澄白河)
だらしない作家のだらしない作品も好きですが、ストイックな作家のストイックな作品を見るのは気持ちのいい事です。
>>池田亮司展を紹介するビデオインタビューへ

鈴木理策「WHITE」/ ギャラリー小柳(東京・銀座)
どんな写真が見れるのか楽しみです。

西野達 「バレたらどうする」/ アラタニウラノ(東京・新富町)
いつも実際に見ると結局びっくりします。

▼今読んでいる本と、普段よくチェックするウェブサイトは?

福岡伸一「動的平衡」
漠然と持っていた物事に対するリアリティが裏付けられます。

B.L.T とTV Bros
B.L.T.net 〜BEAUTIFUL Lady & TELEVISION〜
TV Bros.
テレビとアイドルが気になってしょうがないです。

bounce.com / http://www.bounce.com
サイプレス上野の連載がおもしろいです。

▼最近買ったプロダクトを一つご紹介下さい
「ZOOM/H4」携帯型のレコーダーです。これで映像作品の音楽を作りました。

▼金氏さんが期待大だと思う作家さんを教えて下さい

同世代の人たちですが、板垣賢治八木良太(「ウィンター・ガーデン 日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」展/原美術館 参加)、森千裕の作品に注目しています。
それぞれ全く違う作風ですが、時代の流れと関係なくとんでもないオリジナリティを感じます。

▼最後に何かコメントを!

とにかく横浜に僕の展覧会を見に来てください。今はそれだけです。

– ありがとうございました!!

TABuzz with Guest Blogger from TokyoArtMap, 金氏 徹平(Teppei Kaneuji)

1978年、大阪に生まれる。金氏徹平の作品は、コラージュやブリコラージュと呼ばれる「貼りつけ」や「寄せ集め」の手法により生み出されます。「見たことがあるようでいて、何だかわからないものをつくりたい」と語る金氏は、雑誌の切り抜きやプラスティック製品、木材などの身近な素材を使いながら、クリームのように流れ出しそうな彫刻、新種の生物の骨格標本のようなインスタレーションなど、未知のかたちを作り上げていきます。これらの作品は、私たちに、子どもの頃夢中になった遊びに似た快感と、複雑に合体したイメージが喚起する知的な連想とが同居する、心地よい刺激を与えてくれることでしょう。

金氏 徹平さんデザインによるTAB Tシャツはストアにてご覧いただけます。

TABuzz

TABuzz. 毎回、東京のアートシーンにいるアーティストをはじめ、アートの現場で働く関係者、コレクター、ブロガーetc…東京で今を楽しんでいる皆さんをゲストに招いていきます。”Buzz”とは、わいわい、がやがやしている様子を表す言葉。それぞれのライフスタイルをもったゲストの周りで、今”わいわい”と賑やかなもの・ことを紹介してもらいます。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use