TABuzz #10 with Shai Ohayon(キュレーター)

毎回ゲストのまわりのBuzzWordsを聞くコーナー。今回は東京に拠点を移したばかりのインターナショナル・キュレータの彼。

poster for Rebecca Horn

レベッカ・ホルン 「静かな叛乱 鴉と鯨の対話」

清澄白河、両国エリアにある
東京都現代美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2009-10-31 - 2010-02-14)

poster for

「No Man’s Land」展

六本木、乃木坂エリアにある
フランス大使館にて
このイベントは終了しました。 - (2009-11-26 - 2010-02-18)

In Main Article 3 特集記事 by TABuzz 2010-01-24

今回のゲストは、RBRギャラリーのシャイ・オハヨンさんです。
最近東京に拠点を移してきたばかりだそうですが、早速さまざまな東京のシーンをチェックしているよう。 ではシャイさんよろしくおねがいします!

▼観に行きたい展覧会・イベントは?
レベッカ・ホルン《Light imprisoned in the belly of whale》, 2002

01- レベッカ・ホルン 「静かな叛乱 鴉と鯨の対話」東京都現代美術館
2009年10月31日〜2010年2月14日(清澄白河)
パフォーマンスアートにはずっと興味がある.身体をつかって作品をつくりあげることにはどこかしら強制的な側面がある.そこが本来のコミットメントだと思うよ.

02- 寺澤伸彦 + モニラ・アルカディリ + 石塚智寿 展 トーキョーワンダーサイト・本郷
2009年11月28日〜12月20日(本郷)
彼らの作品はまだみたことがないのだけれど,新進のアーティストの作品を見るのはずっと前から好きなことなんだ.まだ経験では足りないことを,情熱や正直なところで補っているからね.
最近引っ越して来たばかりだから,日本政府のアートに関する構想にはあまり詳しくないんだ.ただ東京都がどんなアーティストをサポートしているか見られるのはとても楽しみだね.

03- チョン・ジュンホ 「BLESS YOU」SCAI The Bathhouse
2009年11月20日〜12月25日(日暮里)
ジュンホの作品は常に西洋の美的感覚や流行を捉えながら、韓国の文化と遺産と密接にかつ真摯に結びついていて,かなりお気に入りだよ.

04- イザ・ゲンツケン 「Oil」Rat House Gallery
2009年10月2日〜12月27日(表参道)
2007年のヴェネツィア・ビエンナーレで作品を観て以来、気に入っているのだけれど、またちがう形式で発表されるのは楽しみだね.ヴェネツィアでは毎日圧倒されるような膨大な数の作品を観て、正確な視点で鑑賞することが難しいからね.
 Isa Genzken, Sculpture in 《Oil》©Rat Hole Gallery.

▼最近行って面白かった展覧会、イベントは?
Jef Aérosol, No Man's Land展より
05- 「No Man’s Land」展 フランス大使館
2009年11月26日〜2010年1月31日(六本木)
いろんなおもしろいアーティストがいて、すてきだったよ.作品の配置もよくできていて,展示の背景にあるビジョンには想像力と強度があった.こんなすてきな建物が取り壊されることが残念でならないな.

06- 田口和奈 「半分グレーでできている」ヴォイドプラス
2009年11月21日〜12月18日(青山)
制作のプロセスがスゴくおもしろい.ゲルハルト・リヒターをすこし彷彿とさせる大きいポートレートが特に気に入った.

▼よく行くスポットは?
07- Isaka ya ism restaurant in Shibuya
古着屋街の裏手に隠れ処のようにあるお店.フードは絶品だし,スタッフがいつも仲良さげで楽しそう.

08- 竹下通りのダイソー原宿店
こういう100円均一ショップが大好き.何時間も過ごせる.自宅に近いせいもあって,オフの日はついつい出かけてしまうんだ.

▼最近読んでいる本は?
09- Dead Babies by マーティン・エイミス
彼の巧みな文章が大好きなんだ.圧倒的な語彙と非現実的で狂った物語の展開が特にいい.それも大いに娯楽を含みながらね.

10- A Prayer for Owen Meany by ジョン・アーヴィング
何年も前に読んだ本だけれど,図書館で見かけてまた手に取ってしまったんだ.ウィットに富んでいて,ユーモアと魔法がそこにはあるんだ(実際に魔法を起こすわけではなくね).

▼お気に入りのプロダクトは?
11- iPhone
東京に引っ越して来てからの僕のライフセーバー代わりだね.どこか場所を見つけるのにこれなしでは考えられない.念のため断っておくと,実はそれでもまだ迷うんだけどね.僕はGPSを使える環境がありながら迷子になるような珍しい人間みたい.

12- 偽モヒカン
千駄ヶ谷のガレージセールで買った50円のエクステを使ってつくったんだ(それをさらにストッキングに縫い付けているわけ).ときどき外出する時に頭に専用ののりで付けて出て行ってる.スゴくオススメ.

▼いま注目のウェブサイトは?
13-newsmap | www.newsmap.jp
自分の専門以外にもアンテナを張っているよ.このウェブサイトが僕にとっての国際ニュースのメインのソース.色使いも気に入ってる.

14- FutureMe | www.futureme.org将来の自分に手紙を出すというアイディアがいいよね.他のユーザの手紙を眺めるのもおもしろい.他人の日記を読んでいるような感覚だね.

▼最近注目していることは?
15- 東京のコンテンポラリーアートシーンの移り変わり
読んで聞いたところによると,東京のコンテンポラリーアートシーンは,劇的に変わっているらしい.日本ではもっとコンテンポラリーアートに対する社会的な意識が高まった来たるべき時期だと思うし,サポートももっと必要だろう.政府からの更なる助成も必要とされている.
何より大切なこととして,日本のアーティストはもっと展示の機会を必要としているし,アートの対話に参加して行くべき.RBRでメンバーシッププログラムを始めた理由でもある.

▼注目の人物を教えてください!
16- ロバート・ウォーターズ
メキシコ・シティーで活動しているカナダ人アーティスト.いつも想像力がある作品で,挑戦的.ここ2, 3年は男性性とキリスト教のどちらかを扱った作品だけれど,まったく斬新なものなんだ.今年東京で紹介できる機会があればと思ってるよ.

TABuzz with Guest Blogger #11, Shai OhayonRBR プロジェクト・マネージャー/キュレーター
革命を起こそう!

アーティストの発表の機会と意見交換の場をつくりだすためのメンバーシッププログラムを運営している.貸しギャラリーのシステムに対するオルタナティブとして計画され,東京のアートシーンをより洗練されたものにする目的でいる.東京に移ってくるまでは,ロンドンとトロントでキュレーターとコンサルタントをしていた.www.rbrart.com/rccからメンバー登録をぜひ!



*Translation help: Xin Tahara

TABuzz

TABuzz. 毎回、東京のアートシーンにいるアーティストをはじめ、アートの現場で働く関係者、コレクター、ブロガーetc…東京で今を楽しんでいる皆さんをゲストに招いていきます。”Buzz”とは、わいわい、がやがやしている様子を表す言葉。それぞれのライフスタイルをもったゲストの周りで、今”わいわい”と賑やかなもの・ことを紹介してもらいます。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use