ロフトワーク10周年記念チャリティーオークション開催!

椿昇のドローイングも1万円からの入札! オークション売上の一部はTABへの寄付

In Art Beat News TABからのお知らせ by Xin Tahara 2010-02-24

日本最大のクリエイターネットワークをもつロフトワークが、今年創設10周年を迎えるにあたり、2月25日(木)にチャリティーオークションを代官山で開催します。

このオークションの売上80%はアーティストに、そして残り20%をなんとNPO法人GADAGO「Tokyo Art Beat」にご寄付していただくことになりました。
現在皆様からのサポートを必要としているTokyo Art Beatとしては、とても励みになるご提案をいただき、大変嬉しく思います。

チャリティオークション出品作品の一部

今回出品されるのはロフトワークの登録クリエイターによる作品や、椿昇さん、抜水摩耶さんら招待作家を含む、全15アーティストの作品。ペインティング、イラストレーションなど平面作品がメインですが、立体作品も出品されます。
作品の最低価格は1万円に設定されているので、肩肘を張らずに入札に参加できそうです。
当日は、森美術館館長の南條史生さんと椿さんのトークも催されるので、お二人からの作品へのコメントもまた、オークションを盛り上げてくれるのではないでしょうか。

もうひとつの見所は、もしかすると世界初!? オークションにTwitterを利用するという点。
当日は、Twitterでオークション会場とをつなぎ、入札することが可能になります。
Twitterからの入札者は、専用のクローズドのTwitterに入札価格をつぶやき、会場にリンクしますので、参加を希望する方は、事前にロフトワークのウェブページからの申し込みを済ませて、入札開始を待ちましょう!
詳細は、こちらをご参照ください。
※イベント会場への入場はロフトワーク様からのご招待制となっています

当日のイベントの模様はハッシュタグ「 #lw10th 」をチェックしてみてください。
なお、Tokyo Art BeatのUSTREAMにて25日19時頃よりインターネット中継を行う予定です。
Tokyo Art Beatの公式Twitterアカウントでも実況中継を行いますので、合わせてご注目ください。

2月24日現在、ユーザ様、ギャラリー様よりお寄せ頂いたTokyo Art Beatへの募金は、総額およそ45万円に上りました。
この度のロフトワークのオークション売上からのご寄付も、目標金額への達成に向けて大きな弾みになると思います。

Tokyo Art Beatでは現在運営継続のための資金を募っている

最後に、こうした貴重な機会をくださった株式会社ロフトワークの皆さん、代表取締役 PMO 林千晶さん、誠にありがとうございました!
では、会場またはUSTREAMでお会いしましょう♪

Xin Tahara

Xin Tahara. 北海道函館市生まれ。Tokyo Art Beat PR・セールス、ソーシャルメディア、ニュースの編集も。都内を中心に自転車でアートスペース巡りが日課。料理と植物も。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use