TABuzz #11 with アートテラー とに〜

ゲストに今みたい展覧会を聞くシリーズ企画。今回は日本にひとりしかいない?!「アートテラー」に聞きます

poster for ”Tamara de Lempicka et son époque”

「美しき挑発 レンピッカ展 本能に生きた伝説の画家」

渋谷エリアにある
Bunkamura ザ・ミュージアムにて
このイベントは終了しました。 - (2010-03-06 - 2010-05-09)

poster for Yasumasa Morimura

森村泰昌 「なにものかへのレクイエム−戦場の頂上の芸術−」

恵比寿、代官山エリアにある
東京都写真美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2010-03-11 - 2010-05-09)

poster for

「命の認識」展

上野、谷中エリアにある
東京大学総合研究博物館にて
このイベントは終了しました。 - (2009-12-19 - 2010-03-28)

In Main Article 3 特集記事 by TABuzz 2010-03-10

今回のゲストは、アートテラー とに〜さん。現在、美術館でのトークガイドイベントを中心に活動中のとに〜さんは、吉本興業に所属し活動をしていた芸人さんというわけで、ガイドツアーは、ブログから人柄がわかるように、アートをわかりやすく、親しみやすいトークで楽しませてくれる人気イベントです。
3月13日に予定されているルノワール展関連イベント「印象派はポップカルチャーだった?!」は、アキバ系100人に、どのルノワールの絵が一番萌えるか、徹底街頭インタビューしたり、アキバ検定全国1位が選ぶアキバのメイドカフェ情報なども発表したりするとか。

それでは、とに〜さんよろしくお願いします!

▼観に行きたい展覧会・イベントは?

01- 「美しき挑発 レンピッカ展 本能に生きた伝説の画家」Bunkamura ザ・ミュージアム
2010年03月06日 ~ 2010年05月09日(渋谷)
男から見ても、絵も生き様も、素直に“カッコイイ!”と思える肉食女子系の画家レンピッカ。草食男子に分類される身としては、何かを得に行きたいです。

02- 「フランク・ブラングィン〜伝説の英国人画家−松方コレクション誕生の物語〜」国立西洋美術館
2010年02月23日 ~ 2010年05月30日(上野)
ラ・トゥール展や、ハンマースホイ展など。日本で認知されていない画家を取り上げる時ほど、ここで開催される美術展は面白い気がします。今回のブラングィンも、いい感じで認知されてないので期待。

03- 「生誕150年記念 アルフォンス・ミュシャ展」三鷹市美術ギャラリー
2010年5月22日〜7月4日(予定)(三鷹)
単純にミュシャが好きです。また、2次元萌えの基礎を築いた絵師でもあると思うので、そちら方面の方にオススメしたいです。

04- 「森村泰昌・なにものかへのレクイエム」東京都写真美術館
2010年3月11日(木)〜5月9日(日)(恵比寿)
森村さんの作品を鑑賞すると、結構疲れます。今回は、美術館の2、3階を使っての大々的な展示だそうなので、どこまで自分が森村ワールドに耐えうるのか、確かめに行きたいと思います。

▼最近行って面白かった展覧会、イベントは?

05- 「束芋 断面の世代」横浜美術館
2009年12月11日 ~ 2010年3月3日(横浜)
館内が、束芋展のために××に!(ネタバレしないよう伏字にしときました)。入って即、驚きました。

06- 「命の認識」東京大学総合研究博物館
2009年12月19日(土)〜2010年3月28日(日)(本郷)
開催者曰く「苦悩のどん底に陥れる空間」を作り上げたとのこと。どれだけSっ気のあるイベントなのかと(笑)

▼よく行くスポットは?
07- ファーレ立川(立川)
立川の駅前にある110点ものパブリックアート群。下手な美術展に行くよりも、断然楽しい。何より無料ですし。

08- バー・シス(浅草)
アミューズミュージアムの中にあるバー。美術館が閉館してから営業するという隠れ家的な要素と、夜景がムード満点!

▼最近読んでいる本は?
09- 光文社新訳古典文庫
発刊当時から、毎月必ず買って読むと決めています。興味が無くても、とりあえず読む。義務です。

10-和田ラヂヲの嫁に来ないか?
疲れた時、行き詰った時、幸せを噛みしめたい時。いつ読んでも、全くブレずに笑える漫画。

▼お気に入りのアイテムは?


11- 辛そうで辛くない少し辛いラー油
「で、結局、辛いの(怒)?!」と思いながらも買ってみたところ、見事にどハマり。ご飯にかけても、豆腐にかけても。

12- 肉タオル
ブログの記事のネタ探しとして、面白ミュージアムグッズを集めています。最近見つけたのが、この肉を忠実に再現したタオル。デザイナー曰く、首に巻いて欲しいらしい。外ではちょっと…。

▼注目しているウェブサイトは?
13- NHK 鑑賞マニュアル 美の壺
番組を見逃しても、このウェブサイトに放送内容が全て紹介されているから大丈夫! ちょっとした美術のアーカイブとしても活用。

▼最近注目していることは?
14- THE ART PARTY
“僕が司会を担当させて頂いているから…”という理由も無きにしもあらずですが(笑)、日本のギャラリーで気軽にパーティーするというのは、純粋に面白い。これがもっと当たり前になっていくのかどうか、司会台から(?)、行く末を見守っていきたく思います。
*Art Lover’s GOKONから名前を改称。


▼注目の人物を教えてください!
15- 齋藤芽生
昨年のアーティスト・ファイル2009で初めて作品と出合って、一目で惚れてまいました。

16- 志村信裕
昨年、黄金町でのイベントで、志村君の映像インスタレーションを見て、衝撃を受けました!アナログから地デジに移り変わるように、映像インスタレーションも次のステージに進んでいくのだと。

TABuzz with Guest Blogger #11, アートテラー とに〜
アートに興味があるかないかで、3倍くらい人生の楽しさが違ってきます。
アートの世界は果てしなく広いので、浅瀬でバチャバチャと遊ぶくらいが、僕はちょうどいいです。

大学卒業後、吉本芸人デビュー。2007年よりお笑い活動と並行して、美術館でのトークイベント活動を開始。
2008年から美術を面白く語る「アートテラー」一本で活動。現在は美術館で定期開催の講演ガイドや、アートフェスティバルのガイド、アートツアー企画運営等で幅広く活動中。
http://homepage3.nifty.com/art-teller/

TABuzz

TABuzz. 毎回、東京のアートシーンにいるアーティストをはじめ、アートの現場で働く関係者、コレクター、ブロガーetc…東京で今を楽しんでいる皆さんをゲストに招いていきます。”Buzz”とは、わいわい、がやがやしている様子を表す言葉。それぞれのライフスタイルをもったゲストの周りで、今”わいわい”と賑やかなもの・ことを紹介してもらいます。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use