世界的アーティスト3名がUltrabook™でTシャツをデザイン『Friends of MOCA』プロジェクト

【Art Beat News】ロサンゼルス現代美術館(MOCA)が選出する錚々たる面々が参加。

In Art Beat News by Art Beat News 2012-11-21

インテルは、世界で最も革新的なブランドやクリエイティブな人々とコラボレーションするプログラム『The Ultrabook™ Experience 』の新プロジェクトとして、世界を代表するデニムブランドであるリーバイス®のプログラム『Friends of…』と手を組むことが決定した。

2社が共同で展開するプロジェクト『インテル×リーバイス® Friends of MOCA』は、ロサンゼルス現代美術館(通称MOCA)の芸術教育プログラムの支援として、限定Tシャツシリーズを制作するもの。MOCAのディレクターであるジェフリー・ダイチ氏が選出した3名のアーティストが、インテルのUltrabook™製品を用いて Tシャツのデザインを手掛ける。


今回選出されたアーティストは、世界的ビジュアルアーティストの森万里子、メキシコ出身の俳優のガエル・ガルシア・ベルナル、中国の作家・芸術家であるシュー・ビンと錚々たる面々。



3名の作品は、間もなく世界各国にあるリーバイス®のフラッグシップストアにて販売され、各都市における売上はインテルとリーバイス®によってMOCAの画期的な芸術教育プログラムに寄付されるという。

11月23日(金)より、リーバイス®ストア渋谷店では限定Tシャツが販売され、それぞれ3150円(税別)。プロジェクト期間中リーバイス®の旗艦店にはFrineds of MOCAのアプリが搭載されたUltrabook™が展示される。このインテル×リーバイス®による、ユニークかつ先鋭的なプログラム『Friends of MOCA』を、店頭で体験してみては?

■関連ウェブサイト
『インテル×リーバイス® Friends of MOCA』

執筆:岡徳之(tadashiku

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use