第16回文化庁メディア芸術祭、アート部門「Pendulum Choir」が大賞に輝く

【Art Beat News】アート部門の大賞は2年ぶり2度目、海外勢の大躍進

poster for The 16th Japan Media Arts Festival

「第16回文化庁メディア芸術祭」

六本木、乃木坂エリアにある
国立新美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2013-02-13 - 2013-02-24)

poster for François Schuiten + Benoît Peeters

フランソワ・スクイテン + ブノワ・ペータース「闇の国々」

市ヶ谷、神楽坂エリアにある
アンスティチュ・フランセ東京にて
このイベントは終了しました。 - (2012-11-08 - 2012-12-18)

poster for

「大友克洋GENGA展」

千代田エリアにある
3331 Arts Chiyodaにて
このイベントは終了しました。 - (2012-04-09 - 2012-05-30)

In Art Beat News by Art Beat News 2012-12-17

12月13日、平成24年度文化庁メディア芸術祭実行委員会は、今年で第16回目を迎える本祭の受賞作品・受賞者を発表した。

アート部門で大賞を獲得したのは、スイスのクリエイティブユニット「Cod.Act」によるミュージックパフォーマンス「Pendulum Choir」。

9人の合唱隊が油圧ジャッキにより角度が可変する台座に立ってアカペラを歌い、変化する音に合わせてなめらかに体勢を変えてゆく。その合唱は、電子音を伴って盛り上がりを見せ、時に秘教的な儀式のように停止する。まさに、テクノロジーの複雑性と生身の身体の叙情を融合した作品だ。

エンターテインメント部門の大賞に選ばれたのは、真鍋大度・MIKIKO・中田ヤスタカ・堀井哲史・木村浩康による「Perfume “Global Site Project”」。テクノポップグループPerfumeの世界デビューを記念したプロジェクト。

アニメーション部門の大賞は、今年大規模な原画展でも話題になった大友克洋の短編アニメーション「火要鎮」。江戸時代を舞台に、大火のスペクタクルの中の男女の悲恋を、伝統的な日本画の画風をベースに3DCGと融合させた。

そしてマンガ部門の大賞は、フランスのブノワ・ペータース、フランソワ・スクイテン(訳:古永真一、原正人)による「闇の国々」。フランス・ベルギーのコミック(バンド・デシネ)の人気シリーズで、日本語版の続刊は2013年にかけて全4巻で刊行予定。第16回目のメディア芸術祭にして、マンガ部門初の大賞の海外受賞となった。

今回は全体として、海外クリエイターが大躍進。特にアート部門では大賞、優秀賞、新人賞に選ばれた8作品のうち6作品が海外勢だった。メディア芸術祭事務局によると、これまでの関連事業としての海外巡回展や一般からの情報提供などが、海外からの応募の増加の理由と考えられるそう。

本祭の受賞作品は、2月13日から24日までの12日間、国立新美術館をメイン会場に開催される「第16回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」で展示され、周辺施設を含め関連プログラムも多数予定されている。入場は無料。詳細は決定次第公式ウェブサイトで公開予定。

■文化庁メディア芸術祭ウェブサイト

執筆:岡徳之(tadashiku

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use