写真家・新津保建秀 個展「\風景+」、美術手帖編集長とドミニク・チェンによるトークショー開催!!

【Art Beat News】流動し続ける情報やイメージから、立ち現れる「風景」の姿を探る展覧会&トークイベント。

poster for Kenshu Shintsubo

新津保建秀 「\風景+」

恵比寿、代官山エリアにある
代官山ヒルサイドフォーラムにて
このイベントは終了しました。 - (2012-12-18 - 2013-01-14)

In Art Beat News by Art Beat News 2012-12-10

写真を中心に、映像やフィールドレコーディングなどの制作を続ける写真家・新津保建秀(しんつぼ けんしゅう)の個展「\風景+」が代官山・ヒルサイドフォーラムにて開催される。今年4月、新津保は過去10年に及ぶアーカイブ的探求を背景とした写真集『\風景』(角川書店)を発表。本展覧会は写真集の発表作品を基軸に、これまで新津保が追求してきたさまざまな「風景」の形が展開される。

図像の半分以上をグレーで覆われた不可思議な作品。これは作家本人のラップトップ画面をキャプチャしたものだが、PC上で画像データを読み込む際、誰しも一度は見たことのある光景ではないだろうか。新津保は、いまや私たちを取り巻く「第二の自然環境」とも呼べるラップトップやネットワーク上の図像や情報から立ち現れてくる光景を写し取り、実空間とデータ空間、個人とパブリックの境界をもすり抜けた新たな「風景」の姿を提示する。写真に「写らないもの」にこそ、風景の本質があるのではないかと問う新津保は、人々の無意識の営みや記憶の堆積、漂う音や気配などに焦点を定め、目には見えない言葉の連鎖をたぐり寄せる。

本展開催にあたり、豪華ゲストを交えたトークイベント『風景を記述する試み』も12月19日(水)に開催される。新津保をはじめ、今夏発行の『写真2.0』(『美術手帖』8月号)で大きな反響を集めた『美術手帖』編集長の岩渕貞哉、インターネット時代における新たな著作権の普及を目指すNPOクリエイティブ・コモンズの理事ドミニク・チェンが登壇。司会を本展キュレーターの四方幸子が務める。デジタルやネットワークと複雑に絡み合う現代において、新たな表現のあり方を探る興味深いトークとなることだろう。
申し込みはヒルサイドインフォメーション(info@clubhillside.jp)まで。

■イベント概要
トーク&プレゼンテーション「風景を記述する試み」
日時:12月19日(水)19:30〜21:30 (開場19:00)
出演:ドミニク・チェン(NPOクリエイティブ・コモンズ理事)、岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)、新津保建秀

司会:四方幸子
会場:ヒルサイドフォーラム
主催:クラブヒルサイド
会費:一般 2500円、クラブヒルサイド会員・学生 1500円(共にドリンク付き)
申し込み先:ヒルサイドインフォメーション (TEL 03-5489-3705、E-mai info@clubhillside.jp)
クラブヒルサイド 公式ウェブサイト

執筆:塚田有那

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use