Google Art Projectに、日本から新しく3館が参加。

【Art Beat News】 世界40カ国以上、200を超える機関、4万超の作品を鑑賞できるように。

poster for A Profusion of Flowers - The Language of Flowers and the Encyclopedia of Flowers

「百花繚乱 -花言葉・花図鑑-」展

恵比寿、代官山エリアにある
山種美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2013-04-06 - 2013-06-02)

poster for Yuna-zu

「『湯女図』と初期風俗画」展

関東:その他エリアにある
MOA美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2013-03-22 - 2013-04-24)

In Art Beat News by Art Beat News 2013-04-03

Googleが運営する、世界各地の美術館・博物館に収蔵されている芸術作品や文化財をオンラインで公開する取り組み「Google Art Project」に、日本の美術館3館が所蔵する作品190点が新しく加わった。

日本から新しく加わったのは、大阪市立美術館、MOA美術館、山種美術館の3館。そして3館が所蔵する計190作品。作品郡には、尾形光琳作「紅白梅図屏風」をはじめとする3点の国宝や、53点の重要文化財がある。

また、海外では南米、中国、スペインなどから作品画像を収集しており、日本を含め30の新しいパートナー機関から、計2000作品以上の画像を新たに追加したことになる。

これにより、Google Art Projectでは、世界40カ国以上の200を越える機関に所蔵されている、4万超の作品を鑑賞できるようになった。

関連リンク
Google Art Project
大阪市立美術館ウェブサイト
MOA美術館ウェブサイト
山種美術館ウェブサイト

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use