現地からフォトレポート!「シンガポールビエンナーレ2013」

チームラボの“あの”作品も登場

In フォトレポート by Art Beat News 2013-11-15

「シンガポールビエンナーレ2013」が、10月26日よりシンガポール美術館やシンガポール国立博物館など9つの会場にて開催されている。

4回目となる今年は、“If The World Changed”をテーマに掲げ、東南アジアの文化・芸術の専門家27人が共同でキュレーションした、日本を含む13ヶ国82のアーティストの作品を紹介している。

現地で実際にビエンナーレを訪れた筆者が、シンガポール美術館で展示されている作品の一部をご紹介する。

《My Longhouse Story》JAINAL AMAMBING

《My Longhouse Story》JAINAL AMAMBING

《Forefinger》TRAN TUAN

《Forefinger》TRAN TUAN

《Stillness of Reflection》PRATEEP SUTHATHONGTHAI

《Little Soap Boy》VU HONG NINH

《Specula》NGUYEN OANH PHI PHI

《Monument for a Present Future》KIRI DALENA

《Rukunegara 1: Belief in God》ZULKIFLI YUSOFF

《The 5 Principle No-5》ISWANTO HARTONO & RAQS MEDIA COLLECTIVE

《The Sick Classroom》NGE LAY

《The Sick Classroom》NGE LAY

《Between Worlds》NASIRUN

《Fruits of Life Full Production》ADRIAN HO

《Fruits of Life Full Production》ADRIAN HO

《Anahata》KUMARI NAHAPPAN

ポストイットを貼って参加する展示

そして最後は、日本から出品のチームラボの作品。展示室に入るまでにひと際長い列ができていた。

チームラボの「Peace Can Be Realised Even Without Order」(邦題「秩序がなくともピースは成り立つ」)は、照明の落とされた暗い空間に設置された透明なスクリーンに、農民や鳥獣戯画を思わせる動物など56体のCGキャラクターを投影したインスタレーション作品。キャラクターたちはそれぞれの楽器で音を奏で、踊っているが、やがて周囲に影響を受けて全体でひとつの音楽を演奏するようになる、というものだ。

《Peace Can Be Realised Even Without Order》teamlab

《Peace Can Be Realised Even Without Order》teamlab

《Peace Can Be Realised Even Without Order》teamlab

■関連リンク
シンガポールビエンナーレ2013
http://www.singaporebiennale.org/

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use