ついにAndroid版が登場。アートイベントの割引アプリ「ミューぽん」

Androidユーザーの皆さん、お待たせしました!!

In Spotlight TAB TABからのお知らせ by Chikako Yamamoto 2013-12-20


美術館・アートイベントで割引を受けられるアプリ「ミューぽん」が、2014年版よりついにAndroidに対応しました!!
12月いっぱいの限定で、発売記念セールを実施中です!セール価格の800円で、2014年末までの1年間有効です。(定価1000円)

「ミューぽん」とは?
「ミューぽん」は、美術館での展覧会を中心に、アートフェアや地域型アートイベント、映画、パフォーマンスまで、様々なイベントを割引で楽しめる、アートファン必携のアプリです。iOS版では過去3年間に50,000人以上がミューぽんでアートイベントに足を運びました。

さまざまな展覧会・アートイベントの最新情報が更新され、全ての掲載イベントで割引を受けることができます。森美術館東京都現代美術館といったTokyo Art Beatでも人気の美術館をはじめ、様々な美術館でおこなわれる展覧会で割引を受ける事ができます。
また、美術館だけではなく、アートフェア地域型アートイベント映画パフォーマンスまで、ジャンルをこえて様々なイベントをセレクトしています。

どうやって使うの?

使い方は簡単。アプリを起動すると、割引の対象となるイベントの一覧が表示されます。そこから行きたいイベントを選んでみましょう!


美術館の窓口で、チケットを購入する前に割引券の切り取り操作をおこない、画面を受付スタッフの方に提示します。割引券によっては、2名〜3名で使えるものもあり!お友達を誘って出かけましょう。

割引の対象になるイベントや割引額、適用人数についてはこちらのページから確認できます。

また、ミューぽんでは常に旬なアートイベント情報をチェックできるとともに、アートファン目線で開発されたアプリならではの様々な機能も好評です。特に、会期の開始や終了前に通知でお知らせする機能は、展覧会を見逃してしまうことが減ったと大好評。それから、小さな機能ですが、休館日のイベントには当日休館マークが出るのも「思い立ったらふらっと出かける」気軽なスタイルでアートを見に行って欲しいという思いから生まれた機能です。

ユーザーの声をご紹介!

iOS版ユーザーより「ミューぽん」に寄せられたユーザーの声を紹介します。

「アプリを見れば知らなかったイベントを知れて、しかも少しお安くなるので足が軽くなります。とても気に入っており、引きこもってばかりいた週末が変わりました。クーポンを切るときの動作も紙みたいで面白い!」(かみやさん さん)

「メジャーなのも割引になるから嬉しいです。仕事柄、予定たてづらく前売り券はなかなか買えないので当日割引になるのはありがたい(((o(*゜▽゜*)o)))」(しゅしゅっしゅー さん)

「最近はこのアプリの通知機能で、きになる展覧会の開始と終了をチェックしてます。履歴も残るから、とっても良い。今年も一年使い倒します。」(Mirai Matsuzaki さん)

「単純にどの美術館に行こうか決める時にも使える。ぱっと開くだけでも楽しい。」(まにえる さん)

友達とか誘って何人かで行くって考えたら結構割安。ちょっと空き時間できた時とかにも便利。(yuichiro hara さん)

Android版のリリースまで長い間お待たせしましたが、Androidユーザーの皆さんもぜひミューぽんを使いこなしてくださいね!!

2014年版は12月いっぱい限定で発売記念セール中!

今回発売になったAndroidアプリ「ミューぽん」2014年版は、定価1000円のところ12月中に限り、セール価格800円でダウンロードすることができます。早めがお得!有効期限は2014年12月31日まで。
「ミューぽん」は、2014年もたくさんのイベント情報と割引をお届けする予定です。楽しく、そしてお得にアートめぐりを楽しみましょう!

動作環境: Android 4.0以降 (※タブレット端末はサポート外)
有効期限: 2014年末まで
対応言語: 日本語/英語

ダウンロードはこちらから!!

現在掲載中のイベントはこちらからチェックできます!

Chikako Yamamoto

Chikako Yamamoto. ブラジル生まれのスペイン育ち。バルセロナでは現地の現代美術家コミュニティとのかかわりの中で育ち、帰国後、アートや美術館が身近な存在でないことにカルチャーショックを受ける。大学卒業後は一般企業に就職。紆余曲折を経て、2011年2月よりTokyo Art Beatに加わる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use