あなたもLINEのスタンプ作ってみる? 「LINE CREATORS MARKET」4月から

【Art Beat News】売上の50%を制作者に分配

In Art Beat News by Art Beat News 2014-02-27

LINE Creators Market

LINE株式会社は、26日に行われた新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」にて、ユーザーの誰もが自分がスタンプを制作することができるプラットフォーム「LINE Creators Market」をオープンすると発表した。

「LINE Creators Market」は、職業、年齢、プロ、アマチュア、個人・企業を問わず、LINEユーザーであれば誰でも自分が制作したスタンプを「LINE ウェブストア」上で販売することができる新たなプラットフォーム。

これまでは、LINEのオリジナルキャラクター・有名キャラクターのスタンプおよび、企業によるスポンサードスタンプのみを扱ってきたが、誰もが世界3億7,000万人のLINEユーザーに向けてスタンプを制作・販売する機会を得ることができる。

LINE Creators Marketへの登録・申請はすべて無料。LINEによる審査を経て、40種類のスタンプを1セット100円のパッケージで販売することができ、売上の50%が制作者に配分される。LINEの世界展開においても、スタンプのローカライズが加速することを期待している。

現在、利用方法等ガイドラインをまとめたサイトがオープンし、4月以降にスタンプの審査受付および販売を開始する予定となっている。

LINE Creators Market

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use