「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」オープン!開館式にはフランス大統領ら列席

【Art Beat News】クリスチャン・ボルタンスキー、オラファー・エリアソンなどの作品を展示

In Art Beat News by Art Beat News 2014-10-29

LVMHグループによる現代アートのための施設「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」の開館式が、フランス・パリで10月20日に執り行われた。同施設はパリ・ブローニュの森のアクリマタシオン庭園の隣に位置し、2014年10月27日(月)にオープンした。同施設はフランスおよび国際的な現代アートの新たな発信地、また、パリの新たなランドマークとしての役割が期待されている。

開館式ではLVMH社長兼CEO ベルナール・アルノーに招かれ、フランス共和国大統領のフランソワ・オランドや、施設の設計を担当したフランク・ゲーリーが列席。そして開館式に続いて行われたセレモニーには、カール・ラガーフェルド、J.M.アンダーソン、ニコラ・ジェスキエール、フィービー・ファイロ、ラフ・シモンズ、リカルド・ティッシなどLVMHグループのデザイナー陣が多数出席した。

同施設のオープニングを祝し、2014年10月から2015年7月まで3つの期間に分けてアーティスティック・プログラムが実施される。期間ごとに、企画展やパーマネントコレクションから一部展示、また数々のイベントが予定されている。2014年10月から12月に開催される第一ステージでは「Voyage of Creation(創造の旅)」というテーマを掲げ、フランク・ゲーリー設計による施設を建築的観点から捉えたエキシビジョンや、クリスチャン・ボルタンスキーなどパーマネントコレクションの一部、施設の建築に関連して特注されたオラファー・エリアソンのコミッションアート作品などが展示される。

2014年12月と2015年7月に開催される残り2つのステージの詳細に関しては、近日中に発表される予定。

フォンダシオン ルイ・ヴィトン公式ウェブサイト – FONDATION LOUIS VUITTON

Text: 玉田光史郎(Koushiro Tamada)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use