異色の美術家 中ザワヒデキ氏の著書刊行記念講座「日本現代美術史」開講

【Art Beat News】戦後から現在に至るまでの現代美術を時代順に学ぶ

In Art Beat News by Art Beat News 2014-12-04

青山ブックスクールは、美術家 中ザワヒデキ著『現代美術史日本篇 1945~2014』(アートダイバー刊)の刊行を記念し、同氏を講師に招き、講座「日本現代美術史」を開講する。

中ザワヒデキ氏は、1963年新潟生まれ。千葉大学医学部在学中の1983年よりアーティスト活動を開始し、卒業後眼科医となるも、1990年に絵筆をコンピューターのマウスに持ち替えイラストレーターに転身。1997年にはCGの画素を文字等の記号に置き換え、純粋美術家に転身した異色の美術家だ。

本講座では、冒頭の著書に即しながら戦後1945年から2010年以降、現在に至るまでの日本の現代美術を時代順に学んでいく。時代ごとの重要な作家、表現、活動を中心に、当時の社会と美術の関わり方をおさえながら、その動向と変遷を辿ることで、日本の現代美術への理解を深めていくことを目指す。

講座の詳細
日程:2014年12月12日(金)〜 2015年5月15日(金)/全6回
時間:19:00 ~ 21:00
料金:16,200円(税込)
定員:45名
会場:青山ブックスクール本店内小教室

関連リンク
中ザワヒデキ氏による講座の紹介ページ

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use