ピエール・ポランの未発表デザインをルイ・ヴィトンが再現

【Art Beat News】米デザイン・マイアミ2014で住宅用プロジェクトの模型を発表

In Art Beat News by Art Beat News 2014-12-08

ルイ・ヴィトンは米フロリダ州マイアミにて開催された「デザイン・マイアミ2014」にて、フランスを代表するインテリアデザイナーであるピエール・ポランの未発表デザインを再現した。

今回発表されたモジュラーファニチャーデザインは、ピエール・ポランが1972年にアメリカのオフィス家具メーカーのハーマンミラー社のために構想を描いた住宅用プロジェクトの一部だったが、これまで制作されたことがなかった。

「La Maquette(ラ・マケット=模型)」として再現されたデザインは、ポンピドゥー・センターのコレクションの一部として展示されている。これらの模型は連結式のリクライナー「Déclive」やカーペット「Tapis-siège」などを始め、多数のスケッチや初期のフロアプランを土台に制作された。

同コレクションは6つの階に分かれており、レベル0(1階)にはベーシックモジュール群が並び、自由に組み立て、パーソナルな生活空間を自ら作り上げることが可能。その他5つの階においても、モジュールの多様な組み合わせが紹介されている。

1953年にデビューしたピエール・ポランは、独創的な思想による先駆的なデザインを多数制作。当時から、変わりゆく世界、新しいテクノロジー、そして居心地が良く安心できる生活空間の3つを結びつけ、人間が周囲との関係をコントロールできる空間の必要性を予見していた。

ストレッチ素材の布を使用した新しいフォルムのデザインを多数手掛け、「リボンチェア」や「タンチェア」などの作品は今もなお高く評価されている。

Text: 玉田光史郎(Koushiro Tamada)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use