深澤直人氏のワークショップ「WITHOUT THOUGHT」が今年も開催中

【Art Beat News】「スマホ」をテーマに企業のデザイナーらが出展

In Art Beat News by Art Beat News 2015-01-19

ダイヤモンド社は、1997年以来続いている深澤直人氏のワークショップ「WITHOUT THOUGHT」を、1月9日から2月1日までの日程で、ヨコハマ創造都市センターにて今年も開催している。

今年のテーマは、「スマホ SMART PHONE」。「すべての人が身体で関わる小さな機械との付き合い方から顕著に浮かび上がるハードとソフトのアプリケーションを考える」ことを課題とし、コクヨS&T、資生堂、富士フイルムなど企業のインハウスデザイナーや、深澤氏の事務所 NAOTO FUKASAWA DESIGNのデザイナーらが作品を出展している。入場無料。

開催に際して深澤氏はこのようなコメントを寄せている。

「腕時計が身につける唯一の情報機器だった時代はおわり、スマホは装身具ではないにしても、肌身離さず持ち歩く携帯情報端末として確固たる地位を確立した。スマホはケータイ電話ではない。身体で触れて関わる四角い板である。iPhoneというスマホは一つのブランドでこれほど多くの人が同じものを持つことがなかった事実を大きく塗り替えた。すべての人が身体で関わる小さな機械との付き合い方から顕著に浮かび上がるハードとソフトのアプリケーションを考えるのが今回の課題である。無意識に操作している。無意識に触れている。無意識で付き合っている新しい機器との間には顕著な付き合い方が幾つも存在する。」

開催概要
会期:2015年1月9日(金)〜2月1日(日)
   11:00〜19:00 入場無料
会場:ヨコハマ創造都市センター
出展デザイナー:
増井あづみ(コクヨS&T)、奥角翼(コクヨS&T)、山田みどり(資生堂)、神瀬泰二(デザインフィル)、伊藤潤(ナインドッツ)、清水沙織(パナニック)、林祐太朗(パナニック)、福丸諒(日立製作所)、亀井敬太(富士フイルム)、田中洋光(ブラザー工業)、島村遼(ブラビス・インターナショナル)、近藤厚志(三菱電機)、嶋野宇一郎(三菱電機)、福丸幸子(リコー)、西村裕太(リコー)、荒井心平・黒野真吾・古賀麻生・田中太貴・土田博之・長崎綱雄・橋倉誠・吉坂秀毅(NAOTO FUKASAWA DESIGN)
プロジェクト&デザインディレクション: 深澤直人
プロデュース: 河嶋隆司 (DMN ディレクター)
コーディネーション: 坂田征彦 (DIAMOND DESIGN MANAGEMENT NETWORK – DMN)
翻訳:マーディ ミヤケ
主催:ダイヤモンド社/DMN(ダイヤモンド デザインマネジメント ネットワーク)
共催:ヨコハマ創造都市センター(公益財団法人横浜市文化振興財団)
協力:NAOTO FUKASAWA DESIGN

ワークショップ「WITHOUT THOUGHT」の告知ページ

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use