3000名の学生クリエイターが出展!「万国學生藝術展覧祭2015」開催

【Art Beat News】20周年を迎えた「デザインフェスタ」から誕生

In Art Beat News by Art Beat News 2015-06-19

8月8日(土) 、9日(日)に、東京ビッグサイトにて今回で2回目となる「万国學生藝術展覧祭 2015」が開催される。万国學生藝術展覧祭(通称: 學展)は、20周年を迎えた「デザインフェスタ」から誕生した新イベントで、「すべての表現している人」のために「開かれた」場所をつくることをコンセプトにしている。

このイベントのきっかけとなったデザインフェスタは、オープン当時、自由に作品を発表する場が少なかったアーティストやデザイナーにその機会を提供するべく作られた場所だ。作品がオリジナルであれば審査なしで、プロ・アマ問わず、年齢・ジャンル・国籍も関係なく、作品を出展することができる。

昨年の様子

「學展」は、全国から3000名の学生クリエーターが集まる。下は小学生から上は社会人学生まで何かを学んでいる方であれば参加可能なイベント。全国各地から多種多様な学生が集まるアート、デザインの“合同文化祭”である。「事前交流会」や、イベント開催初日の夜にも東京ビッグサイト内で交流会が実施され、普段なかなか出会う事のないアーティスト同士の交流もできる。観る側の方も、さまざまな作品やアーティストたちが集う「學展」に足を運んでみてはどうだろうか。

■「万国學生藝術展覧祭 2015」イベント概要
日時:2015年8月8日(土)、9日(日)11:00~19:00
会場:東京ビッグサイト西2ホール 東京都江東区有明3-11-1
チケット情報:前売り券: 1日800円 / 両日 1500円 当日券:1日 1000円 / 両日 1800円
出展者数:約3000人想定(ブース数 1100)
来場者数:1万人(予定)(2014年8月開催 學展vol.1 実績:約6000人)
ウェブサイト:http://www.gakuten.jp

執筆:赤江龍介
編集協力:岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use