ルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展が東京で開催!

【Art Beat News】4月23日から紀尾井町の特設会場にて、旅をテーマに創業からの軌跡を展示

poster for Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton

「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ - 旅するルイ・ヴィトン)」展

千代田エリアにある
ルイ・ヴィトン特設会場にて
このイベントは終了しました。 - (2016-04-23 - 2016-06-19)

In Art Beat News by Art Beat News 2016-02-26

ルイ・ヴィトンは、4月23日(土)から6月19日(日)まで、東京・紀尾井町において、「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィトン)」展を開催する。ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長のオリヴィエ・サイヤールをキュレーターに迎えた今回のエキシビションは、創業者一族のアーカイブから今日のルイ・ヴィトンを創り上げる人々にいたるまで、1854年からこれまでのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅となっている。

19世紀末より、ルイ・ヴィトンは日本と強い関係を築いてきた。モノグラム・キャンバスのインスピレーションの一つとも言われる「紋」にはじまり、多くの著名な顧客との関わり、また村上隆から草間彌生といった日本の現代アーティストとのコラボレーションなど、エピソードは数えきれない。オペラやミュージカルの演出家として活躍するロバート・カーセンのアイデアと空間デザインによるこのエキシビションは、旅をテーマとする10章で構成される。そのうちの一つは日本に特化した内容となっており、板垣退助が渡欧した際に購入したトランクも展示される。

ルイ・ヴィトンCEOのマイケル・バークは次のように述べている。「ルイ・ヴィトンは1世紀以上前から今日にいたるまで革新的なクリエーションの最前線に立ち続けています。私たちは、過去をインスピレーションソースとしながら、今日の流行を作り出しているのです。メゾンの秘密を解き明かすためにアーカイブをとことん調べつくしたオリヴィエ・サイヤール。彼が、メゾンの過去、現在、そして未来に関して、新鮮なヴィジョンを提示してくれることでしょう」

エキシビションが開催される紀尾井町は、ルイ・ヴィトンが1978年に日本初の店舗をオープンした、縁のある地でもある。

■開催概要
「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィトン)」展
会期:2016年4月23日(土)〜6月19日(日)
会場:紀尾井町特設会場
住所:東京都千代田区麹町5
時間:10:00 〜 20:00
月曜日休館(ただし4月25日、5月2日、6月13日は13:00 〜 20:00)
入場料:無料
キュレーター:オリヴィエ・サイヤール
アーティスティック・ディレクター&セットデザイナー:ロバート・カーセン

執筆:中井千尋 編集:岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use