ビジネスパーソンのためのデザインスクール「WEデザインスクール」がプレオープン

学校説明会、プレ講座を5月下旬に開催予定

In Art Beat News by Art Beat News 2016-04-19

株式会社OFFICE HALOと武蔵野美術大学デザイン・ラウンジの共同運営による、ビジネスパーソンのためのデザインスクール「WEデザインスクール」が、今夏の正式開校に先駆けて2016年4月5日(火)にプレオープンした。

同スクールによれば、近年さまざまなビジネスの現場でデザインによる価値創出に注目が集まる一方で、「良いデザインがわからない」、「デザインを扱うのが苦手」と感じているビジネスパーソンが多いのが現状。WEデザインスクールは、デザイナーになるための技術を習得するのではなく、日々の仕事に活用できるデザインセンスを学ぶ、ノンデザイナーのための学校として開校される。ビジネスにおけるデザイン課題を解決するための基礎的なデザイン理論やスキルが学べる、短期集中型のプログラムを提供する。

プレオープン期間は、学校説明会や講義時間1時間半のプレ講座(2講座)を実施。すべて5月下旬開催予定で申し込みは先着順となる。プレ講座の一つ「社会人のためのデザイン超入門」は、初めてデザインを学ぶビジネスパーソン向け。デザインセンスに隠された法則やルールを分解しながらデザインの仕組みを学ぶ。

もう一つは「図解で伝えるデザイン術」で、ミーティングや会議の議事録、プレゼン資料、企画書づくりなどで、情報を一目でわかりやすく伝える「図解」を知る入門講座。会話や文章を構造化し、図や絵を使ってビジュアル化する方法とその効果を学ぶ。

今夏の正式開校後は、ビジネスパーソンが持つ課題に合わせて選べる3コースを展開。デザイナーを育てる専門教育機関で教鞭をとるプロフェッショナルの指導とグループワークや課題への取り組みを通して受講者の学びを深めるインタラクティブな授業スタイルで、書籍やオンラインでは習得が難しいデザインの生きた学びの創出を目指す。

【WEデザインスクール 3つのコース】
1) 判断力コース
「デザインを判断する力」を学ぶコース。
多くの事例を知り、グラフィックデザインの基本である色・文字・イメージに関する法則やルールを分析することを通して、デザインの良し悪しの基準を学ぶ。デザインの発注をすることがある人やデザインセンスを仕事で活かしたい全ての人向けのコース。

2) 伝達力コース
「デザインで伝える力」を学ぶコース。
図や絵を使って表現する図解トレーニングを中心に、デザインで伝える技術を学び、資料づくりや会議などで使えるビジュアル力を鍛える。資料作成に自信をつけたい人、ビジュアルをつかったデザインの思考整理法に興味があるという人向け。

3) 企画力コース
「デザインを活かした企画力」を学ぶコース。
課題発見から、企画立案、アクションプランづくりまでをチームで実践しながら、ブランディングや事業企画でデザインを活用できる柔軟な発想力や企画力を磨く。商品開発や新規事業担当者、管理職や経営者におすすめ。

■学校説明会
開催日時:2016年5月29日(日)14:00~15:30
定員  :50名(先着順)
参加費 :無料(要事前予約)
申し込み:http://wedesignschool.com/#briefing

■プレ講座
講座名 :社会人のためのデザイン超入門
開催日時:2016年5月21日(土)14:00~15:30
定員  :40名(先着順)
参加費 :無料(要事前予約)
講師  :丸山貴明、中村将大(東洋美術学校デザイン研究室 専任講師)
申し込み:http://wedesignschool.com/#pre_course

講座名 :図解で伝えるデザイン術
開催日時:2016年5月26日(木)19:30~21:00
定員  :40名(先着順)
参加費 :無料(要事前予約)
講師  :富田誠(東海大学教養学部芸術学科 専任講師)
申し込み:http://wedesignschool.com/#pre_course

■会場(すべて)
武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ
所在地 :東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウンタワー5階
アクセス:都営大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木駅」より直結

■「WEデザインスクール」オフィシャルサイト
http://www.wedesignschool.com

執筆:中井千尋 編集:岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use