六本木アートナイト2016、開催テーマは「六本木、アートのプレイグラウンド~回る、走る、やってみる。~」

メインプログラムには、現代美術家の名和晃平の起用が決定

In Art Beat News by Art Beat News 2016-08-09

2016年10月21日から23日までの3日間の日程で開催される「六本木アートナイト2016」の開催テーマ、メインビジュアル、主要プログラムが決定した。

本年の開催テーマは、「六本木、アートのプレイグラウンド~回る、走る、やってみる。~」。
テーマを表現したメインビジュアルは、グラフィックやモーショングラフィックを中心に活動するgroovisions(グルーヴィジョンズ)がデザイン。メインプログラムのアーティストには、現代美術家の名和晃平の起用が決定した。

実行委員会は本テーマに込められたメッセージについて、実行委員長の南條史生は次のようにコメントしている。

「六本木をプレイグラウンド、つまり遊園地のようにしてみよう、ということがテーマです。そこには子供の頃に走り回った遊園地や校庭、裏庭のような楽しく自由に遊び回れるみんなの広場という意味が込められています。そしてそんな広場では、子供たちは走ったり、投げたり、競争したり、遊びとスポーツの原点が混じって楽しい時間を作り出していたのではないでしょうか。2020年にオリンピック・パラリンピックを迎える東京。そんな東京にふさわしいプレイグラウンドを用意しました」

メインプログラムでは、希少植物を追って世界中を飛び回るプラント・ハンター 西畠清順、バルーンの既成概念を覆す大胆な発想でファッション業界からも高い評価を得ているバルーン・ユニット「デイジーバルーン」と名和がタッグを組む。六本木ヒルズアリーナ、国立新美術館、東京ミッドタウンの3ヶ所を舞台に展開される本プログラムのコンセプトは、“六本木の「森」で迎える、文化の夜明け”。

photo : Nobutada OMOTE|SANDWICH

すでに決定している主要プログラムについてはこちらから。

■六本木アートナイト2016 開催概要
日時:2016年10月21日(金)17:30 ~10月23日(日)6:00
<コアタイム1>10月21日(金)17:30~24:00
<デイタイム>10月22日(土)11:00~17:30
<コアタイム2>10月22日(土)17:30~10月23日(日)6:00
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料 (但し、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)
公式サイト: http://www.roppongiartnight.com/2016/

Text:岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use