国内初のインドアバイクイベント「TRACK TOP TOKYO 2016」が開催決定

8月26日、27日の2日間、品川埠頭倉庫内にて開催。

In Art Beat News by Art Beat News 2016-08-24

日本の自転車カルチャーに新たな風が吹き込んできた。2016年8月27日(土)と28日(日)の2日間にかけて、国内初のインドアバイクイベント「TRACK TOP TOKYO 2016」が品川埠頭倉庫内にて開催される。ロンドン、リオ、東京の自転車カルチャーがクロスオーバーする貴重な2日間となりそうだ。

主なイベント内容を紹介していこう。「ブリヂストンサイクルpresents スペシャルトーク」では、日本発祥で世界でも「KEIRIN」として知られる、自転車トラック競技の魅力を紹介する。現役の自転車競技選手・一丸尚伍が出演し、特別なパフォーマンスとトークを展開。また、歴代トラック競技で活躍した名車「上尾コレクション」も特別に展示される。

そして、映画「PERSONAL GOLD」の上映もある。本作は、前回ロンドン・オリンピックの女子団体自転車競技の熱血ドキュメンタリー作品だ。弱小チームのメンバーたちがテクノロジーとビッグデータを駆使して勝ち進む様子を描いた感動の物語。

また、倉庫内では一周50mのイベント用木製バンク「TERRABANK(仮)」も設置される。木製可動型バンクとしてはアジア初。入場者は多様な展示車(電動バイク、競技用トラックバイク、キッズバイク、シティバイクなど)を利用することができる。

その他にも、自転車にまつわるアパレルやギア、小物、フード、コーヒーなどの様々なブースも出展される。多様な自転車カルチャーを巨大ストレージの中で体験できる貴重なチャンス、逃す手はない。

■開催概要
日程:8月27日(土) 15:00 〜 21:00
   8月28日(日) 12:00 〜 18:00
場所:品川埠頭倉庫(港区港南5-4-17)
アクセス:りんかい線、モノレール「天王洲駅」から徒歩15分
     品川駅から「東京入国管理局前」までバス〜徒歩3分
チケット:1dayチケット 2000円
申し込み:http://peatix.com/event/185299/
主催:Track Top Tokyo実行委員会
協賛:ブリヂストンサイクル株式会社 
協力:一般社団法人・天王洲キャナルサイド活性化協会、Pioneer DJ株式会社

(Text: 玉田光史郎 Koushiro Tamada)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use