宮島達男のパブリックアート「Counter Void」が2017年も3日間限定で再点灯

3月11日から13日まで「Relight Days 2017」開催、震災を振り返る

poster for Relight Days

「Relight Days」

六本木、乃木坂エリアにある
六本木ヒルズにて
このイベントは終了しました。 - (2017-03-11 - 2017-03-13)

In Art Beat News by Art Beat News 2017-03-07

2017年3月11日から13日までの3日間、六本木ヒルズけやき坂前にある宮島達男制作のパブリックアート「Counter Void」が再点灯される。特定非営利活動法人インビジブルが東京都およびアーツカウンシル東京との共催によるアートプロジェクト「リライトプロジェクト」が開催するイベント「Relight Days 2017」の一環だ。

今回は昨年の「Relight Days 2016」に引き続き、3月11日から3日間限定で「Counter Void」を再点灯するとともに、東日本大震災にちなんだワークショップ「3.11が■ている」を実施する。鑑賞者が自身の記憶や体験に向き合いながら、「■」内に思い浮かべた言葉を書き、ソーシャルメディアに投稿してもらうもの。鑑賞者に未来の生き方や人間のあり方を考える機会を提供するのが狙い。

「Relight Days 2016」(撮影:丸尾隆一)

再点灯されるパブリックアート「Counter Void」は、現代美術家の宮島達男が「生と死」をテーマに制作し、テレビ朝日社屋の壁面に常設されている、高さ5m、全長50mの巨大な光の作品。東日本大震災発生から2日後の2011年3月13日、震災で被災された方々への哀悼の意を込め、宮島達男の意志によって消灯された。昨年のリライトプロジェクトによって5年ぶりに3日間限定で再点灯されたが、それ以降、現在も消灯し続けている。

#CounterVoid #TatsuoMiyajima #RelightProject #RelightDays #311 #宮島達男

A post shared by Tokyo Art Beat (@tokyoartbeat) on

リライトプロジェクトは、「Counter Void」のコンセプトを引き継ぎながら、鑑賞する一人ひとりの心に問いと気づきを生み出すシンボルとして消灯中の作品を再点灯させることを目指し、2015年に始動したアートプロジェクト。現在は「Relight Days」の開催と、社会彫刻家を育てる市民大学「Relight Committee」を開校している。今年度、Relight Committeeの生徒たちが「生と死」をテーマに行うアクションについては、公式ウェブサイトで近日公開予定だ。

「Relight Days 2016」(撮影:丸尾隆一)

■Relight Days 2017開催概要
開催期間:2017(平成29)年3月11日(土)〜3月13日(月)
点灯時間:2017年3月11日(土)14:46〜24:00
         3月12日(日)、13日(月)10:00〜24:00
ワークショップ開催時間:2017年3月11日(土)15:00〜18:00
         3月12日(日)、13日(月)11:00〜18:00
会場:六本木ヒルズけやき坂「Counter Void」前(東京都港区六本木6-9)
主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人インビジブル
ウェブサイト:http://relight-project.org/

執筆:中井千尋、編集:岡徳之(Livit)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

東京のアートシーンで何が起きているか、ニュース、レビュー、インタビューなど日英バイリンガルでライターの声を通じてお届けしています。

Instagram

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use