ミュンスター彫刻プロジェクト2017 フォトレポート

10年に1度開催されるドイツ・ミュンスター彫刻プロジェクトの様子をレポート! 街に残る恒久作品、ミュンスター市の様子まで

In Main Article 1 フォトレポート by Kyo Yoshida 2017-11-02

2017年の今年は、隔年で開催される世界有数の国際芸術祭「ミュンスター彫刻プロジェクト」、「ドクメンタ」、「ベネチアビエンナーレ」の3つが同じ年に開催されたスペシャルイヤーだ。
今回は、先日閉幕したミュンスター彫刻プロジェクト2017(2017年6月10日~10月1日)の様子をフォトレポートする。

ミュンスター彫刻プロジェクトは、芸術史家のクラウス・ブスマンと第一回目から芸術監督を務めているカスパー・ケーニヒによって創始されたパブリックアートイベント。1977年から10年周期で開催され、2017年で5年目を迎えた。
国際的に活躍するアーティストが招かれ、丹念なリサーチを行ったうえで作品が制作される。野外彫刻展という性格のため、公共空間に設置された作品は誰もが無料で見ることができる。

街全体が彫刻プロジェクトの舞台になる

ミュンスター市中心部

ドイツ北西部に位置するミュンスターは、大学が拠点を置く学問の街でカトリックの司教座都市でもあるため、街中に数多くの歴史的建造物が点在する。美術館や博物館も多く文化的な都市として栄えている。

Münster Hauptbahnhof

ミュンスター中央駅を降りてすぐ目の前にプロジェクトのサービスポイントが設置され、駅付近から作品が展開されていた。駅前の大通りには長距離バスが走っているため鉄道以外にバスも利用できる。また、自転車のレンタルサービスも盛んに行われており、市内に散らばる作品を見てをまわるのにとても便利だ。

SPマーク

作品が設置されている場所やインフォメーションカウンター等が見つけやすくなるよう、地面にスプレーで描かれたSPのマークが目印の役割を果たしていた。ドイツの都市ではタギングやグラフィティアートが街中で見られるため、街の景観にとてもよくマッチしていた。

落書きされた教会の彫刻

インフォメーションポイントとなった市内中心部のKunstmuseum Pablo Picasso

バーの看板

Skulptur Projekte 2017の作品

Alexandra Pirici《Leaking Territories》

Andreas Bunte《Laboratory Life》

Aram Bartholl《3V》

Aram Bartholl《5V》

Aram Bartholl《12V》

Ayşe Erkmen《On Water》

CAMP《Matrix》

Cerith Wyn Evans《A Modified Threshold … (for Münster) Existing church bells made to ring at a (slightly) higher pitch 》

Christian Odzuck《OFF OFD》

Cosima von Bonin + Tom Burr 《Benz Bonin Burr》

Ei Arakawa《Harsh Citation, Harsh Pastoral, Harsh Münster》

Emeka Ogboh《Passage through Moondog / Quiet Storm》

Gerard Byrne《In Our Time》

Gintersdorfer / Klaßen《Erniedrigung ist nicht das Ende der Welt [Humiliation Is Not the End of the World]》

Hervé Youmbi《Les masques célèstes [Celestial Masks]》

Hito Steyerl《HellYeahWeFuckDie》

Hreinn Friðfinnsson《fourth house of the house project since 1974》

Jeremy Deller《Speak to the Earth and It Will Tell You (2007–2017)》

John Knight《John Knight, A Work in situ》

Justin Matherly《Nietzsche’s Rock》

Koki Tanaka《Provisional Studies: Workshop #7 How to Live Together and Sharing the Unknown》

Lara Favaretto《Momentary Monument – The Stone》

Ludger Gerdes《Fear》1989, Skulptur Projekte 2017

Michael Dean《Tender Tender》

Michael Smith《Not Quite Under_Ground》

Mika Rottenberg《Cosmic Generator》

Nairy Baghramian《Beliebte Stellen / Privileged Points》

Nicole Eisenman《Sketch for a Fountain》

Nora Schultz《Pointing their fingers at an unidentified event out of frame》

Oscar Tuazo《Firebuilding (Burn the Formwork)》

Peles Empire《Sculpture》

Pierre Huyghe《After ALife Ahead》

Sany (Samuel Nyholm)《Marginal Frieze》

Thomas Schütte《Nuclear Temple》

Wagner / De Burca《Bye Bye Deutschland! Eine Lebensmelodie [Bye Bye Germany! A Life Melody]》

ミュンスター市に残る恒久作品

会期が過ぎたあとも市内にはそのままミュンスター市の所有となった作品がいくつか残っている。
作品が恒久的に設置され続け、街の人々の生活に溶け込んでいる。

LWL-Museumの外壁に設置されたHermann Pitz《Innen, Außen [Inside, Outside]》のQRコード

Bruce Nauman《Square Depression》skulptur projekte münster 07

Daniel Buren《4 Tore [4 Gateways ]》Skulptur Projekte in Münster 1987

Dennis Adams《Bus Shelter IV》Skulptur Projekte in Münster 1987

Donald Judd《Ohne Titel [Untitled]》Skulptur Ausstellung in Münster 1977

Giuseppe Penone《Progetto Pozzo di Münster [Fountain Project for Münster]》Skulptur Projekte in Münster 1987

Hans-Peter Feldmann《WC-Anlage am Domplatz [WC Facilities on the Cathedral Square]》skulptur projekte münster 07

Hermann Pitz《Innen, Außen [Inside, Outside]》Skulptur. Projekte in Münster 1997

Ilya Kabakov《"Blickst du hinauf und liest die Worte..." ["Looking Up. Reading the Words..."]》Skulptur. Projekte in Münster 1997

Jorge Pardo《Pier》Skulptur. Projekte in Münster 1997

Martin Boyce《We are still and reflective》skulptur projekte münster 07

Per Kirkeby《Bushaltestelle [Bus Stop]》Skulptur. Projekte in Münster 1997

Per Kirkeby《Backstein-Skulpturen [Brickwork Sculptures]》Skulptur Projekte in Münster 1987

Rachel Whiteread《Untitled (Books)》Skulptur. Projekte in Münster 1997

Rémy Zaugg《Versetzung des Denkmals Knecht mit Pferd und Magd mit Stier [Translocation of the monument Farmhand with a Horse and Maid with a Bull]》Skulptur Projekte in Münster 1987

Richard Serra《Dialogue with Johann Conrad Schlaun》Sulptur. Projekte in Münster 1997

Richard Tuttle《Art and Music》Skulptur Projekte in Münster 1987

Rosemarie Trockel《Less Sauvage than Others》skulptur projekte münster 07

Silke Wagner《Münsters GESCHICHTE VON UNTEN [münster’s HISTORY FROM BELOW]》skulptur projekte münster 07

Susan Philipsz《The Lost Reflection》skulptur projekte münster 07

Susana Solano《Intervención en Münster [Intervention in Münster]》Skulptur Projekte in Münster 1987

Thomas Schütte《Kirschensäule [Cherry Column]》Skulptur Projekte in Münster 1987

ミュンスター彫刻プロフェクトは10年の隔年開催であるため、次回は2027年に行われる。
プロジェクトの回を重ねるごとに少しずつ街に作品が蓄積され次第に人々の生活に溶け込んでいく様は、公共空間における作品の在り方について考えさせられる。

All Photo by Kyo Yoshida

■ミュンスター彫刻プロジェクト2017
公式ホームページ(ドイツ語、英語あり):http://www.skulptur-projekte.de
会期:2017年6月10日(土)~10月1日(日)
会場:ミュンスター市内各所
参加作家:
荒川医(Ei Arakawa・日本)/ Nairy Baghramian(イラン)/ Aram Bartholl(ドイツ)/ Cosima von Bonin(ケニア)/ Andreas Bunte(ドイツ)/ Gerard Byene(アイルランド)/ CAMP(インド)/ Michael Dean(イギリス)/ Jeremy Deller(イギリス)/ Nicole Eisenman(フランス)/ Ayşe Erkmen(トルコ)/ Lara Faveretto(イタリア)/ Hreinn Friðfinnsson(ドイツ)/ Gintersdorfer/Klaßen(ドイツ)/ Pierre Huyghe(フランス)/ John Knight(アメリカ)/ Xavier Le Roy with Scarlet Yu(フランス&香港)/ Justin Matherly(アメリカ)/ Samuel Nyholm(スウェーデン)/ Christian Odzuck(ドイツ)/ Emeka Ogboh(ナイジェリア)/ Peles Empire(ドイツ)/ Alexandra Pirici(ブカレスト)/ Mika Rottenberg(アルゼンチン)/ Gregor Schneider(ドイツ)/ Thomas Schütte(ドイツ)/ Nora Schultz(ドイツ)/ Michael Smith(アメリカ)/ Hito Steyerl(ドイツ)/ 田中功起(Koki Tanaka・日本)/ Oscar Tuazon(アメリカ)/ Joelle Tuerlinckx(ベルギー)/ Wagner&de Burca(ドイツ)/ Cerith Wyn Evans(イギリス)/ Hervé Youmbi(中央アフリカ共和国)

Kyo Yoshida

Kyo Yoshida. 東京都出身在住。2008年より都内を中心にアートフェアやイベント、ギャラリーの補佐をしつつ継続して美術に携わりながら、現在ライター業を兼任しています。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use