第21回岡本太郎現代芸術賞「TARO賞」発表!さいあくななちゃんの《芸術はロックンロールだ》が受賞

岡本敏子賞には弓指寛治の《Oの慰霊》が受賞

poster for The 21st Exhibition of the Taro Okamoto Award for Contemporary Art

「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展

世田谷、川崎エリアにある
川崎市岡本太郎美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2018-02-16 - 2018-04-15)

In Art Beat News by Art Beat News 2018-03-02

岡本太郎の遺志を引き継ぎ、次世代を担う挑戦的なアーティストを奨励してきた岡本太郎現代芸術賞(通称「TARO賞」)が今年も発表された。21回目を迎える今回は、558点の応募のうち26組が入選。グランプリとなるTARO賞にさいあくななちゃんの《芸術はロックンロールだ》、岡本敏子賞に弓指寛治の《Oの慰霊》が選ばれた。

また、特別賞に市川ヂュン、冨安由真、ユゥキユキの3名が入選。26組の作品は川崎市岡本太郎美術館にて、4月15日まで展示される。

同賞審査員
椹木野衣: 美術批評家、多摩美術大学教授
平野暁臣: 空間メディアプロデューサー、岡本太郎記念館館長
北條秀衛: 川崎市岡本太郎美術館館長
山下裕二: 美術史家、明治学院大学教授
和多利浩一: ワタリウム美術館キュレーター

■「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展
会期: 2018年2月16日(金)〜4月15日(日)
会場: 川崎市岡本太郎美術館・企画展示室
休館日: 月曜日、3月22日(木)、3月23日(金)
料金: 一般 700円、高校・大学生・65歳以上 500円、中学生以下 無料 
公式ウェブサイト: http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#cu2

(Text: Natsuki Morooka)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use