草間彌生の原点からその制作意欲を探る。「さあ、今、我が人生の最大の出発にきた」展、開催

草間の故郷の松本で描いたドローイング・水彩作品を、前期と後期に分けて40点展示

poster for Here, Now, I have Reached the Grandest Start of My Life

「さあ、今、我が人生の最大の出発にきた」展

市ヶ谷、神楽坂エリアにある
草間彌生美術館にて
14日後終了

In Art Beat News by Art Beat News 2018-04-04

幼少期から幻覚を描きとめるドローイングを一日数十枚も制作してきた草間彌生。
2018年4月1日(日)から8月31日(金)まで、新宿区弁天町にある草間彌生美術館で「さあ、今、我が人生の最大の出発にきた」展が開催されている。

本展では草間の創作活動の出発点となる1950年代に故郷の松本などで描いたドローイング・水彩作品を、前期と後期に分けて40点展示。

現在最も力を入れて制作している最新の絵画シリーズ≪わが永遠の魂≫や、近作のミラールームなどの展示もあわせ、草間彌生の原点と、今日に至って「さあ、今、我が人生の最大の出発にきた」と語る草間の旺盛な制作の足跡を紹介する。

草間彌生

展示風景

同美術館は、草間の作品および関係資料の展示を通じて草間芸術の普及振興を図り、芸術全般の発展に寄与することを目的に2017年10月に草間本人が設立、一般財団法人草間彌生記念芸術財団が運営している。草間作品のコレクションを年2回展示する展覧会のほか、講演会なども開催される。

■展覧会概要
タイトル: さあ、今、我が人生の最大の出発にきた
開催期間:2018年4月1日(日)〜8月31日(金)*会期中、2Fのみ展示替えあり
前期:4月1日(日)〜6月17日(日)、後期:6月21日(木)〜8月31日(金)
開館日:木〜日曜日および国民の休日
開館時間:11:00〜17:00
入場時間:1日4回(11:00/12:30/14:00/15:30 各回入れ替え制)
料金:一般 1000円、小学・中学・高校生 600円(日時指定・各回定員入れ替え制、毎月1日10:00(日本時間)に翌々月分のチケット発売開始)
ウェブサイト:http://www.yayoikusamamuseum.jp

(Text: Natsuki Morooka)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use