世界のモーションデザインの最前線を知る「MOTION PLUS DESIGN TOKYO」が再び開催

映画『SE7EN』やNetflixドラマ『ストレンジャー・シングス』を手掛けたクリエイターが登場

In Art Beat News by Art Beat News 2018-05-29

昨年、東京・恵比寿アクトスクエアで開催され、チケットは即日完売と好評だったパリ発のモーションデザインのイベント「MOTION PLUS DESIGN」が今年、6月2日(土)に再び開催される。今年は会場を800名収容可能な渋谷ヒカリエホールに移し、全日講演となる。

昨年の様子

Michelle Dougherty

Kyle Cooper

本イベントでは、世界的に活躍するアーティスト8名をゲストスピーカーに招き、モーションデザインの最前線を紹介する。今回招聘されたのは、映画『SE7EN』を手掛けたカイル・クーパーや、Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』のミシェル・ドハーティ、The Millのエグゼクティブクリエイティブディレクターであるラマ・アレンなど。グラフィックや映画の第一線で活躍するアーティストが揃う。

Chris Bjerre

Somei

Somei

Zaoeyo

主催はパリに本社を置くMotion Plus Designのタイトルデザイナー、Kook Ewo。Ewoは2011年にMotion Plus Designを設立し、一般、プロフェッショナル、学生と幅広い層にさまざまなアーティストを紹介し、新たな出会いの機会を提供することで、モーションデザインアートのすばらしさを世界中に伝えることを目標としている。

同社が作成したモーションデザインを分かりやすく説明した動画「モーションデザインとは何か」はこちら。
日本語版:https://vimeo.com/31805394
英語版:https://vimeo.com/29732896

■イベント概要
Motion Plus Design’s Meet Up Tokyo 2018
日時:2018年6月2日(土)9:30〜20:00
会場:渋谷ヒカリエ・ヒカリエホール
チケット価格:一般 7500円、学生 3500円
チケットは公式サイトから販売中
http://www.motion-plus-design.com/tokyo
当日は日本語同時通訳用ヘッドフォンが利用可能

執筆:中井千尋
編集:岡徳之(Livit

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use