異国情緒あふれる街「山手」のアートを感じるスポット特集

横浜の観光地で、アンティーク好き、レトロ好きにはたまらないアートな一面を発見

poster for Scenery and Slopes of Yokohama Yamate

「横浜山手の坂道と風景展 」

横浜、神奈川エリアにある
Art Gallery 山手にて
このイベントは終了しました。 - (2018-06-30 - 2018-07-22)

In フォトレポート 特集記事 by TABインターン 2018-06-26

横浜にある「山手」に行ったことはありますか?「山手」は江戸時代に横浜が開港されて以降、外国人居留地として栄えた地区です。現在も洋館や西洋式庭園が残っていて、中には博物館などの展示施設、おしゃれなレストランやカフェに改装された建物もあり、地区一帯が観光地になっています。

元町・中華街駅、もしくは石川町駅から約徒歩10分、坂を上るとタイムトリップしたようなレトロな街にたどりつきます。観光客が写真を撮りながら散歩したり、キャンバスを広げて絵を描いたりと休日の山手はにぎわいます。
港の見える丘公園
先日横浜に暮らす筆者が山手を訪れたところ、ちょっとニッチでレトロな博物館やアートギャラリーに巡り合いました。美術好きの人が楽しめるという観点から、山手を紹介していきたいと思います。

1.「トイストーリー」誕生のきっかけに!ブリキのおもちゃ博物館
もともと外国人宣教師が住んでいた古い洋館を改修して作られたブリキのおもちゃ博物館。ドアを開けるとまるでおもちゃ箱の中に迷い込んだような空間でした。壁一面のおもちゃ達は、コレクター北原照久氏により集められた1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された玩具で、およそ3000点に及びます。
ショーケースの中に大量のおもちゃが。
実はこの博物館、ピクサーの名作映画である「トイストーリー」のジョン・ラセター監督が観客として訪れたことがあるとのこと。生き生きとしたおもちゃの姿にインスピレーションを受けて監督はトイストーリーの製作を思い立ったのだそう。展示品の中にはトイストーリーの映画内に登場したおもちゃのモデルになったものもいくつかあり、探しながら観覧するのも一つの楽しみかもしれません。他にもある邦画の撮影のためだけに製作されたプレミアムな玩具や昔懐かしいおもちゃ等、貴重な展示が集められています。小さな建物に閉じ込められたどこか懐かしいたくさんのおもちゃを隅から隅まで眺めていると時間を忘れてしまいそうになりました。

本館の裏にはChristmas Toysと呼ばれる、一年中クリスマスのグッズが買える日本国内でも珍しいショップがあります。店内はシール等のデコレーションの飾りや大きなサンタクロースの置物まで、あらゆるクリスマスグッズがお手頃な価格で並んでいます。店員さんも温かく迎えてくれました。ブリキのおもちゃ博物館を訪れた際は必見のショップです。博物館の入場料は200円でとてもお手頃。山手に来たら絶対に足を運んでみてほしいスポットでした。
壁一面のクリスマスグッズChristmas Toys内のサンタクロースの人形

所在地: 〒231-0862 横浜市中区山手町239
営業時間: 9:30-18:00 (土日祝は19:00まで)
年中無休

2.猫がテーマの作品が集結。ヨコハマ猫の美術館
元町公園の中のエリスマン邸とベーリックホールの間の路地に入り、6軒目の建物の門をくぐると猫の置物がたくさん並べられた小さな家が静かにたたずんでいました。同じ横浜市内の日本大通りにある画廊ギャルリーパリで運営しているヨコハマ猫の美術館です。名前のとおり猫をモチーフにした約200点の作品が並べられています。
小さな家の中にたくさんの猫の作品が。様々な表情をした猫。
細かいところに芸があるドアストッパー。洋画や浮世絵版画、広告ポスター、陶器等ジャンルは多種多様。和と洋を織り交ぜたレトロな雰囲気が漂う素敵なギャラリーです。有名な画家や作家の作品もありますが、日曜画家が持ち込んだ絵や工芸品も展示しています。また販売コーナーもあります。猫をテーマにした美術館は日本国内でも珍しいと言われています。土日祝祭日のみ開館のレアな美術館。こちらも観光地からすぐ近くにあるので足を運んでみてはいかがでしょうか。

所在地: 〒231-0862 横浜市中区山手町76-1
営業時間: 12:00-18:00
毎週土・日と祝祭日に開館

3.豪華な西洋式の建物が目印!岩崎ミュージアム
明治18年に横浜居留地の外国人たちの発案で建てられた劇場ゲーテ座の跡地に、学校法人岩崎学園横浜洋裁学院(現横浜fカレッジ)の創立50周年記念事業の一環で建設された岩崎ミュージアム。ファッションに関する資料やアールヌーヴォー期の工芸品等を展示しています。地下にある山手ゲーテ座ホールでは月に一回クラシックを中心にコンサートを催しているそうです。企画展示ギャラリーは最大壁面40mの広々としたアートスペースです。観覧料は300円と手軽ですが本格的な展示を楽しめるところが魅力の一つ。港の見える丘公園のすぐそばにあり、歩き疲れたのでちょっと一息して鑑賞するのにぴったりでした。
様々な様式のドレスの資料が常設展示されている。衣装製作や人形製作を楽しむ人達が遠くからわざわざ訪れることもあるそう。
併設のカフェで一息。アンティークな家具が素敵。手軽にランチも楽しめる。
所在地: 〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254
営業時間: 9:40-18:00(入館は17:30まで)
月曜日は休館

4.山手に密着したギャラリー、アートギャラリー山手

港の見える丘公園、岩崎ミュージアムから元町・中華街駅まで向かう下り坂の途中にあるアートギャラリー山手は約1週間ごとに展示を行っています。写真にもありますが、自然光がふんだんに入る大きな窓が特徴で、そこから見える四季折々の景色も楽しむことができます。6月30日から始まる横浜山手の坂道と風景展は、ほぼ毎年開催されている展示であり、今年で11回目になるそう。山手をテーマにした作品が全国から集まります。元町中華街駅から徒歩3分のアクセスの良さなので、観光の帰り際にフラッと立ち寄れるところが良さだと感じました。
陶芸家 八田富釉さんの展示。
所在地: 〒231-0862横浜市中区山手100 サンセット山手1F
開館時間、休館日は展示による

今回紹介したスポットは、エリスマン邸、港の見える丘公園、山手公園などの観光施設を回りながら立ち寄れますし、筆者は一日ですべてのスポットを十分見て回れました。絵や写真が好きな人、古いもの好きな人にとっては一層楽しめると思います。休日にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

[TABインターン] Risa Matsumoto: 古くてニッチな音楽が大好きなハマの大学3年生。将来は古民家をリノベーションして住みたい。大学の課題に追われながら、インターンで多くの学びを吸収して充実の毎日を送っている。

TABインターン

TABインターン. 学生からキャリアのある人まで、TABの理念に触発されて多くの人達が参加しています。3名からなるチームを4ヶ月毎に結成、TABの中核といえる膨大なアート情報を相手に日々奮闘中! 業務の傍ら、「課外活動」として各々のプロジェクトにも取り組んでいます。そのほんの一部を、TABlogでも発信していきます。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use