「ロエベ クラフト プライズ2019」ファイナリスト発表!

今年は東京・赤坂の草月会館にて作品展示

In Art Beat News by Art Beat News 2019-02-13

ロエベファンデーションは2019年2月6日に「ロエベ クラフト プライズ2019」のファイナリストを発表した。2019年6月26日(水)から7月22日(月)まで、東京・赤坂の草月会館のイサム・ノグチが手掛けた石庭「天国」で、「ロエベ クラフト プライズ2019」展と題し、各ファイナリストの作品展示を行う予定だ。


「ロエベ クラフト プライズ」は、現代のクラフトマンシップにおける卓越性、芸術的価値、新しさを称えることを目的に、2016年にロエベファンデーションとロエベのクリエイティブ・ディレクターであるジョナサン・アンダーソンが立ちあげた。今回、100か国以上の国、2500人以上の応募の中からファイナリスト29名が選ばれた。3回目となる同プライズでは、さまざまな技術、媒体および表現方法を見ることができ、ファイナリストの構成も、新卒、新進、有名どころ、その分野の第一線で活躍するアーティストまで多岐に渡る。


各賞の結果発表は、2019年6月25日(火)に「ロエベ クラフト プライズ2019」展のオープニングイベントにて行われる。


ロエベ クラフトプライズ
公式ホームページ: https://craftprize.loewe.com/

「ロエベ クラフト プライズ2019」展
会期: 2019年6月26日(水) 〜 7月22日(月)
会場: 草月会館

ファイナリスト一覧
平井明子、アンドレア・ウォルシュ、アニー・ターナー、デロス・ウェバー、エルカ・サダ、JingFeng Fang & Mi Dong、石塚源太、ジャンパオロ・バベット、ジョヴァンニ・コルヴァヤ、ハリー・モーガン、Koh Heeseung、エナル・イグレシアス、ジム・パトリッジ & リズ・ウォルムズリー、ジョン・エリック・バイヤーズ、ヨクム・リンド・ジェンセン、森順子、高樋一人、井尾鉱一、Kye-Yeon Son、Youngsoon Lee、西川雅典 、中田真裕、ミハル・ファーゴ、Minhee Kim、ルット・ペータース、藤掛幸智、道川省三、ソフィー・ローリー、橋本知成

Text by Natsuki Morooka

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use