クリスチャン・ボルタンスキーのアニミタス・シリーズがエスパス ルイ・ヴィトン東京で展示

国立新美術館での個展とも同時期開催! アニミタスシリーズの2章も展示

In Art Beat News by Art Beat News 2019-05-29

クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会がエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催される。今回の展示は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが所蔵する未公開作品を東京、ミュンヘン、ヴェネツィア、北京のエスパス ルイ・ヴィトンで展示する「Hors-les-murs (壁を越えて)」プログラムの一環として企画されたもの。展示期間は6月13日から11月17日までを予定している。

クリスチャン・ボルタンスキーは、1967年以来、著述、フィルム、彫刻、写真など多岐にわたる芸術スタイルを追求してきたフランス人アーティスト。フォンダシオン ルイ・ヴィトンは、《アニミタス》(2014年) と《アニミタス(白)》(2017年)を2017年にエスパス ルイ・ヴィトン ミュンヘンで展示している。

今回のエスパス ルイ・ヴィトン東京の展示では、これらに続くアニミタス・シリーズの2章として、《アニミタス(ささやきの森)》と《アニミタス(死せる母たち)》の映像作品も紹介される。

アニミタスは、死者を祀る路傍の小さな祭壇へのオマージュとして、人里離れた広大な野外に設置されたインスタレーション。ボルタンスキーが生まれた日(1944年9月6日)の夜の星座の配列をなぞるように大地に突き刺された細い棒の先で、300個の日本の風鈴が揺れる。1作目では、世界でもっとも乾燥している地とされるチリのアタカマ砂漠に星空がボルタンスキーが生まれた日の星空が再現された。その後、日本の豊島、ケベックのオルレアン島、イスラエルの死海のほとりでも同様の展示を再構築した。

■概要
開催場所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7階
開館時間:開館時間: 12:00 〜 20:00
休館日:休館日: ルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる
入場料:無料

(Text: 玉田光史郎 Koushiro Tamada)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use