川崎市立 日本民家園

関東:その他エリアにある美術館

急速に消滅しつつある古民家を永く将来に残すことを目的に、1967年に開園した古民家の野外博物館です。東日本の代表的な民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・高倉・歌舞伎舞台など25件の建物をみることができます。このうち、18件は国や県の重要文化財として指定を受けており、民家に関する民俗資料なども収蔵し、日本を代表する古民家の野外博物館の一つです。民家は生活の発展に応じて、さまざまな改造が加えられています。移築した民家は、こうした改造の経緯を解きあかす復原調査を行い、原則として建てられた当初の古い形に戻しています。また、本館展示室ではこれらの民家に関する基礎知識を学ぶことができます。

開催中・今後のイベント

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ有り駐車場有りレストラン・カフェ有り図書館無しバリアフリーではない

開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
11~2月は9:30~16:30、月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、祝日の翌日休館、祝日の翌日が土曜日・日曜日の場合は開館、年末年始休館

入場料

一般 500円、大学生・高校生 300円、中学生以下 無料、65歳以上 300円、川崎市内在住65歳以上 無料

アクセス

〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1
電話: 044-922-2181 ファックス: 044-934-8652

小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩13分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use