静嘉堂文庫美術館

世田谷、川崎エリアにある美術館

静嘉堂は、岩崎彌之助(1851〜1908 三菱第二代社長)と小彌太(1879〜1945 三菱第四代社長)の父子二代によって設立され、国宝7点、重要文化財83点を含む凡そ20万冊の古典籍と5,000 点の東洋古美術品を収蔵しています。静嘉堂の名称は中国の古典『詩経』の句から採った彌之助の堂号で、祖先の霊前に供える供物が立派に整うとの意味です。
 1977年(昭和52年)より静嘉堂文庫展示館で美術品の一般公開を行ってきましたが、静嘉堂創設百周年に際して新館が建設され、1992年(平成4年)4月、静嘉堂文庫美術館が開館しました。

※リニューアル工事のため、2015年秋まで休館中。

開催中・今後のイベント

現在、イベントの詳細情報はございません。情報をお持ちの方は、こちらまでお送りください。

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ無し駐車場無しレストラン・カフェ無し図書館無しバリアフリーではない

開館時間

10:00から16:30まで
月曜休館
祝日の場合は開館し翌火曜日休館

入場料

一般800円、大高生500円、中学生以下無料

アクセス

〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1
電話: 03-3700-0007

東急田園都市線二子玉川駅よりバス、1番乗場から東急コーチバス「玉31・32系統」で「静嘉堂文庫」下車徒歩約3分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use