最終更新:2013年12月20日

「アートフェア東京2014」の開催概要が発表

【Art Beat News】3月7日から9日までの3日間、現在145軒の出展が決定

今年で9回目となる「アートフェア東京2014」の開催概要が発表された。

一般会期は3月7日から3月9日までの3日間。会場は東京国際フォーラム 地下2階 展示ホールで、入場料は1-DAYパスポートが2000円、3-DAYパスポートが3500円、前売り券は1月28日より各パスポート500円引きにて発売予定。

12月16日現在145軒の出展が決定しており、ジュエリーやオブジェクト等、現代の応用美術が揃うセクション「TOKYO LIMITED」には、gallery C.A.J./ギャラリードゥポワソン/O-Jewel/金沢卯辰山工芸工房/多治見市文化工房ギャラリーヴォイス/富山ガラス工房ほか。現代美術の企画審査を通過した旬のギャラリーが揃う「PROJECTS」には、Inga Galery/Snow Contemporary/Yoshimi Artsほかが出展する。

また、アジアの現代美術を扱うギャラリーが集う「DISCOVER ASIA」には、Gallery Scape/Gallery EM/TKG+/Project Fulfill Art Space/GALLERY EXIT/1335 MABINI/gallery rachelほか。日本を代表する現代美術の画廊がそろう「G-plus」には、小山登美夫ギャラリー/ミヅマアートギャラリー/スカイ・ザ・バスハウス/タカイシイギャラリー/タロウナスほか。ギャラリーからの提案やワーキンググループからの推薦による企画展示「OUTLINES」には、COVERED TOKYO(KAYOKOYUKI/TALION GALLERY/nap gallery/HAGIWARA PROJECTS)/ぎゃらり壷中天+青山|目黒ほかが出展する。

このほか、KAYOKOYUKI、TALION GALLERY、nap gallery、HAGIWARA PROJECTSの4軒が若手ギャラリーの集合体として出展し、パフォーマンス、ライブなどを取り入れたパーティーを開催する「COVERED TOKYO」や、文化庁メディア芸術祭の受賞作品などを紹介するブース、お笑い芸人キングコング西野亮廣氏による絵本『オルゴールワールド』の原画を展示する「幻冬舎」ブースなど内容盛りだくさんとなっている。

■関連リンク
アートフェア東京2014

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

AD

Art Beat News

Art Beat News

Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。

AD