ビル・ヴィオラ 「はつゆめ」

森美術館

poster for ビル・ヴィオラ 「はつゆめ」

このイベントは終了しました。

ヴィデオ・アートの第一人者、ヴィオラ芸術の全貌を体感、独特の世界観を日本で得た、ビル・ヴィオラのアジア初回顧展。ビル・ヴィオラはヴィデオ・アートの創始者ナム・ジュン・パイク以降、世界のヴィデオ・アートを牽引し続けるアーティストです。ヴィオラは1995年のヴェネツィア・ビエンナーレでアメリカ館を代表、1997年からニューヨークのホイットニ-美術館ほかを巡回した回顧展では記録的な入場者数を樹立、また2003年ロザンゼルスのJ.ポール・ゲッティ美術館企画の世界巡回個展「受難」では各地で大きな反響を呼ぶなどめざましい活躍を続けています。本展はこれらの二大展覧会を集約する大型展となり、長年にわたる活動から生み出された作品を系統的に紹介することで、その魅力をあますことなく伝えるものです。“ヴィオラ芸術の全貌”を紹介する、最も網羅的な回顧展といえるでしょう。

メディア

スケジュール

2006年10月14日 ~ 2007年01月08日
1月2(火)は開館時間を22時まで延長

アーティスト

ビル・ヴィオラ

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Interview with Bill Viola

The woman from the Mori Art Museum’s press office led my colleagues and I to a metal door so seamlessly built in to the metal wall that were it not for the handle, you would hardly notice it was there.

Aneta Glinkowska tablog review

Videos of Interview with Bill Viola

This interview with Bill Viola was conducted in the opening week of his retrospective Hatsu-Yume (First Dream) at the Mori Art Museum in Tokyo.

Megumi Matsubara tablog review

Bill Viola "Hatsu-Yume (First Dream)"

I wish I had asked Bill Viola why he chose "Hatsu-Yume - First Dream" as the title of this exhibition, although I hadn't thought about it until now, this very moment when I am just beginning to write this review.

Ashley Rawlings tablog review

ビル・ヴィオラとのインタビュー

私は同僚と共に森美術館の広報室の女性に案内され、ハンドル以外は完全に壁に溶け込んでいる金属製のドアを通った。そのドアの向こうには白い廊下が迷路のように続いていて、やがて小さいミーティング・ルームに着き、そこでビル・ヴィオラ氏と妻のキーラ・ペロヴさんを待つこととなった。

Aneta Glinkowska tablog review

ビル・ヴィオラ インタビュー

森美術館にて現在、個展「はつゆめ」展を開催中のビル・ヴィオラさんにさせていただいたインタビューの様子を2回にわたってお届けします。このビデオでは前半の7分程度です。

Megumi Matsubara tablog review

ビル・ヴィオラ 「はつゆめ」

はつゆめ、というタイトルが、どうして選ばれたのか、聞いてみればよかった。そう思ったのは、今日、今この瞬間に、いざこの展覧会のレビューを書こうとして初めて。何ヶ月も前に、ビル・ヴィオラが森美術館で『はつゆめ』という展覧会をすることは聞いていたというのに、今初めて考えた。今日まで問うことがなかったのは、そのタイトルとビル・ヴィオラのイメージが、初めから、あまりにぴったりだったからだ。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use