束芋 展「ヨロヨロン」

原美術館(東京)

poster for 束芋 展「ヨロヨロン」

このイベントは終了しました。

本展は、アニメーションを用いた映像インスタレーションで注目を集める束芋(たばいも)による、待望の新作大型インスタレーション「公衆便女」「真夜中の海」「ギニョラマ」(2006年)を中心に構成されます。また、作家が現在手がけている、新聞連載小説挿絵の原画(吉田修一『惡人』3月24日より朝日新聞夕刊に連載中)をはじめ、最近の活動の成果も多数紹介いたします。

メディア

スケジュール

2006年06月03日 ~ 2006年08月27日

アーティスト

束芋

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Interview with Tabaimo

The Hara Museum of Contemporary Art is currently holding a solo exhibition of the young Japanese artist Tabaimo, whose animated video installations explore the dark side of contemporary Japan.

Ashley Rawlings tablog review

束芋さんとのインタビュー

現在、原美術館では若手アーティスト、束芋氏(たばいも/1975年兵庫県生まれ)の個展を開催しています。彼女はアニメーションを用いた映像インスタレーション作品を通じて、現代日本の暗い側面を探っています。

Makoto Hashimoto tablog review

束芋 展「ヨロヨロン」

タイトルがいい。世間一般の「世論」と、それに惑わされる束芋本人が自虐的に認識する「ヨロヨロ」とした意識をかけて「ヨロヨロン」。柔らかい色使いで描かれた風景の中に、現代社会が抱える闇をブラックに表現する彼女の作品にぴったりである。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use