「efuto=絵封筒」展

逓信総合博物館

poster for 「efuto=絵封筒」展

このイベントは終了しました。

始まりは約50年前のこと。『ぞうのエルマー』で世界的に知られるイギリスの絵本作家デビッド・マッキーとその友人たちが始めた愉快で創造的な遊びでした。中でもデビットは自身の絵本を出版する出版社アンデルセン・プレスの社長クラウス氏にあてて、たくさんの絵封筒を送っていたのです。やがてクラウスは気に入った絵封筒を額に入れて社の壁に飾るようになり、それを見て刺激を受けた作家たちがまた、クラウス宛の封筒に絵を描くようになり、今やクラウスの手元には500を優に超える絵封筒のコレクションが集まっているとか。その楽しさは様々に波及し、作家だけでなく子供たちも巻き込んで広がっていったのです。長年イギリスで活躍する絵本作家きたむらさとしもまた、その一人。そんな遊び心いっぱいの絵封筒が海を越えて、にぎやかにやってきました。心を伝えるのは言葉だけじゃない。これを見たらきっと手紙を書きたくなるに違いありません。もちろんあなただけの「絵封筒=efuto」に包んで・・・。
(P.S. 会期中、皆様から寄せられた作品も随時展示します。)

一般参加を含め、総数1,000点を超す作品を展示予定。

【画像: 『ぞうのエルマー』で知られるデビッド・マッキーの絵封筒】

メディア

スケジュール

2007年06月02日 ~ 2007年07月08日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use