メアリー・ブレア 展

東京都現代美術館

poster for メアリー・ブレア 展

このイベントは終了しました。

メアリー・ブレア(1911年-1978年)は米国オクラホマ州で生まれ、大学在学中に水彩画家としてそのキャリアをスタートさせました。しかし、卒業後は世界恐慌のあおりを受け思ったような仕事につけず、幾つかのアニメーションスタジオを経て1939年にウォルト・ディズニー社に入社しました。

そこでウォルト・ディズニーと出会い、彼女の才能が開花。「シンデレラ」(1950)、「ふしぎの国のアリス」(1951)、「ピーター・パン」(1953)など、いくつもの作品のカラー・スタイリストとして、素晴らしい色彩感覚を生かした功績を残しました。米国でも、まだ働く女性には厳しかったと言われる時代に、実に多くの作品に関わり、広く尊敬を集めたのです。

大人と子供の目線がミックスされ、見る人に純粋な喜びを伝える彼女のアートセンスは独特な魅力に溢れ、当時のディズニー作品のみならず、現在でも多くのアニメーション作家に影響を与え続けています。

その後、フリーとなり絵本の挿絵、舞台のデザイン、数々の商品パッケージや広告の仕事を引き受けました。挿絵を担当した絵本「I CAN FLY」はジョン・F・ケネディ米国大統領(当時)の娘キャロラインのお気に入りだったとの逸話が残っています。また、ウォルト・ディズニーからの依頼でデザインした「イッツ・ア・スモールワールド」は、現在でもディズニーランドの人気アトラクションとして不動の地位を築いています。

日本でも2006年~2007年にかけて東京都現代美術館をはじめ全国各地で開催された「ディズニー・アート展」の中で、彼女の作品の一部が紹介され、もっと作品が見たいという声が数多く寄せられました。それが今回、ご親族やウォルト・ディズニー社をはじめとするたくさんの方の協力を得て、たった一度だけ、彼女の人生を巡る展覧会として紹介できることとなりました。展覧会では膨大な作品群から精選した約500点の作品に加え、彼女の生涯を様々な写真、愛用品、映像を通し時代の流れと共に展示します。

メディア

スケジュール

2009年07月18日 ~ 2009年10月04日

アーティスト

メアリー・ブレア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use