早稲田大学芸術学校 空間映像科 大判写真ワークショップ展

ルーニィ 247 photography

poster for 早稲田大学芸術学校 空間映像科 大判写真ワークショップ展

このイベントは終了しました。

大判写真(4×5インチフォーマット)で東京を撮るというテーマで行っているこのワークショップも今回で3回目の展示を迎えます。

これまで、浅草、新宿という東京を代表する盛り場にカメラを構えてきましたが、今回は東京東部の町、江東区亀戸を舞台に撮影をして参りました。

東京東部ならではの、活気のある商店や落ち着いた生業、密度の高い市街地など、様々な表情を発見しながら、各自の視点で4×5インチという大きなフィルムに町の姿を収めました。

誰もが手軽に撮影ができるこの時代に、あえて手間ひまのかかる大判写真で、緊張感のある撮影を楽しみました。夏からほぼ4ヶ月間、10名の参加者が何度も足を運んで見つけた亀戸という、東京のひとつの町の姿を大きな写真でじっくりとご覧下さい。

メディア

スケジュール

2010年01月19日 ~ 2010年01月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use