「ニンボッシング・モールス電信機とペリー提督」展

逓信総合博物館

poster for 「ニンボッシング・モールス電信機とペリー提督」展

このイベントは終了しました。

エンボッシング・モールス電信機は、安政元(1854)年日米和親条約締結のため、2回目の来日を果たしたペリー提督(1794~1854)が、アメリカ大統領フィルモアから将軍徳川家定への献上品47点の内の一つとして持参したものです。紙テープに凹みをつけて記録することから、「エンボッシング・モールス電信機」と呼ばれています。この電信機は、西欧の電気通信技術が我が国にもたらされた最初の歴史資料であり、近代外交史上意義深いことから、平成9年6月30日に国の重要文化財に指定されました。「エンボッシング・モールス電信機」と関連資料を展示します。

メディア

スケジュール

2011年10月04日 ~ 2011年10月30日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use