桑原史成 「不知火海 The Minamata disease Disaster」

銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)

poster for 桑原史成 「不知火海 The Minamata disease Disaster」

このイベントは終了しました。

不知火海(八代海)の沿岸に居住する人口は、かつて約40万人といわれてきた。半世紀前から起きたメチル水銀による水俣病事件で、これまでに多くの住民が犠牲になった。現在までの認定患者は約3,000人(うち約2,000人が死亡)。それに公的に救済の対象となる未認定の患者が約6万人余とされている。作者は1960年以来、断続的だが写真による記録を継続してきた。本展は、9月下旬に発刊した自らの写真集『水俣事件』(藤原書店)と、10月に事件の現地(熊本県)で締結される「水俣水銀条約」とに合わせて企画された写真展である。作品は、近年撮影した写真群(全体の約30%)を冒頭に配置して、50年の過去にさかのぼる逆編年の手法で展示する。モノクロ約50点。

[関連イベント]
第63回 銀座ニコンサロン フォトセミナー
日時: 11月7日(木) 18:30~20:00
講師: 桑原史成、原一男
参加費: 無料

メディア

スケジュール

2013年11月06日 ~ 2013年11月19日

アーティスト

桑原史成

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use