「ネタ・メタ・サジタリウス」

ギャラリー新宿座

poster for 「ネタ・メタ・サジタリウス」

このイベントは終了しました。

5人の表現はそれぞれ違った媒体を用いてはいますが、ユーモアを湛えた作品であるというところに共通項があります。「芸術とユーモア」というと、風刺的な攻撃性を持ったものや、逸脱・誇張などを表現した衝撃的なものも多くあります。彼らのユーモアはそういったものからは距離を置き、物事を俯瞰的に観察し少しだけ位相をずらすような静穏なものです。しかしその眼差しは物事の有り様を根底から問いかける鋭いものであり、射手座の矢のように引き絞った形で空から世界へ向けられているのです。ネタとは、ユーモアを生む為の「種」が転じたものであり、エッセンスであると同時にユーモア以前のものであります。この展示が種となり、それぞれの生活の中でそれぞれのユーモアが萌芽する瞬間があることを願っています。

[関連イベント]
トークライブ 「ぼく脳×小林銅蟲 超無意味大喜利2『お無見』」
日時: 4月26日 13:00〜15:00
参加費: 1000円
※トークライブ中は鑑賞できない作品もありますので、お時間にご注意の上ご来場ください。

メディア

スケジュール

2014年04月22日 ~ 2014年05月04日

オープニングパーティー 2014年04月22日17:00 から
参加費500円、1drink付き

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use