poster for 淤見一秀 展

このイベントは終了しました。

既視感(デジャヴ)という言葉があります。言語空間に於いても、それと似たような現象にしばしば遭遇します。日々生成される膨大な数の書物や言説、そして繰り返し交わされる他者との会話。それは、ひょっとすると意味内容はなんら変わらないまま、新しい意味表現の装いをモードとして纏わせ絶え間なく反復しているかも知れません。そのような際限のない円環的な運動を、これまでの<テクスト>の構造と関連づけて制作された作品を15点ほど展示致します。

メディア

スケジュール

2014年04月01日 11:30 ~ 2014年04月19日 19:00

アーティスト

淤見一秀

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use