「鴎外親子が訳したグリム童話」

文京区立森鴎外記念館

poster for 「鴎外親子が訳したグリム童話」

このイベントは終了しました。

グリム童話は、ドイツのグリム兄弟によって1812年に出版され、これまで国や世代を越えて読みつがれてきました。鷗外も子どもたちと一緒にグリム童話を読んでいました。長女・茉莉は、幼い頃「白雪姫」「シンデレラ」などの「独逸(ドイツ)のお伽噺(メルヘン)」を父の膝の上で聴き、母に夜眠る前におはなししてもらったと回想しています。長男・於菟(おと)は、1902(明治35)年、12歳のときから16歳のころまで鷗外の添削を受けながら、グリム童話15篇をドイツ語から和訳し、それらは鷗外の添削を経て雑誌に発表されました。本展では、鷗外の添削の跡が分かる資料(鷗外が加筆した『賢い百姓の娘』の校正刷り)をはじめ、於菟の翻訳が掲載された雑誌や翻訳童話発表までの道筋を約30点の資料でたどり、グリム童話の翻訳をめぐる親子の活動を紹介します。 世界中で読まれ継がれているグリム童話の魅力とともに、明治の文豪森鴎外の父親としての一面に触れられる、春休みに親子で楽しんでいただける展示となっています。

メディア

スケジュール

2014年03月01日 ~ 2014年04月20日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use