アラン + 斉と公平太「非零和無限不確定不完全情報ゲームとしてのアート?」

TALION GALLERY

poster for アラン + 斉と公平太「非零和無限不確定不完全情報ゲームとしてのアート?」
[画像: アラン | コムニカチオのドローイング | 2018 | 紙、鉛筆、アクリルガッシュ | 19×27cm]

このイベントは終了しました。

本展では、ゲームとアートとの関係について思考する2人のアーティストの活動を紹介します。 アラン(三浦阿藍)は、自らが開発したボードゲーム「ゾンビマスター」において、ゲーム道具とプレイヤーとの間のコミュニケーション不全にフォーカスしています。それは、プレイヤーに開示された規則に基づき、可能な指し手に対して駒の状態を変化させるという点におい ては、将棋やチェスといった伝統的な完全情報のボードゲームと変わりがありません。しかし、その状態変化が複雑になればなるほど、指し手の検討はより難しくなり、プレイヤーは駒を思い通りにコントロールできていない感覚を抱くようになるでしょう。 斉と公平太は、チェスの駒の見かけ上の形状を、将棋の駒の形状に差し替えたものを《チェス将棋》として意匠登録しています。チェスや将棋の駒の機能は、駒のかたちや装飾には左右されません。もちろん、だからといって駒のデザインは重要でないということにはなりません。「王」や「ルーク」や「桂馬」といった虚構的内容や、駒のサイズの大小を適切にデザインすることで、そのゲームに不慣れなプレイヤーは、例えば大きな駒は小さな駒よりも多くの機能を持つといった類比的な推論がしやすくなります。 既存のゲームのメカニクスと道具との関係を拗らせて新たなゲームを生み出す2人のアーティストは、チェスや将棋のように作者の名との紐帯が失われた状態を目指したり、あるいは既存の紐帯を上書きしたりしながら、アートという「ゲーム」の次の指し手を検討しています。

メディア

スケジュール

2019年11月30日 ~ 2019年12月29日

オープニングパーティー 2019年11月30日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援