「写真新世紀 2019」

東京都写真美術館

poster for 「写真新世紀 2019」

このイベントは終了しました。

「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的として、キヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクトです。銀塩・デジタル写真を問わず、自由で独創的な写真表現を応援しており、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出するなど新人写真家登竜門として広く認知されています。これまでの応募者総数は31,357名(組)となっております。「写真新世紀」は2015年度を機に、撮影機器の進化に合わせて静止画・動画を含むデジタル作品の応募も開始しました。ジャンルを問わない新しい視点による作品、作家の創作活動を支援出来るよう、応募システムを整え、グローバルに公募を展開しています。この試みに、今年は1,959名の方がチャレンジされ、その中から審査員7名がそれぞれに優秀賞、佳作を選出しました。「写真新世紀展 2019」では、それら受賞作品をご紹介します。11月8日(金)には、グランプリ選出公開審査会を開催し、優秀賞受賞者の中から本年度のグランプリが審査員の合議の下、選出される予定です。グランプリには、賞金100万円とキヤノンカメラ製品50万円相当が贈られます。会場では、2018年度のグランプリ受賞者ソン・ニアン・アン氏の新作個展を同時開催するほか、開催初日の10月19日(土)には、オープンを祝して出展者によるアーティスト・トークを開催します。また、関連イベントとして審査員によるレクチャーを企画するほか、写真家を志す方々を対象にして2019年度の審査員に直接講評してもらえるポートフォリオレビューも開催します。 この機会に才能溢れる若手写真家たちの現代を見つめる斬新な眼差しと写真表現の可能性に触れていただければと思います。
[関連イベント]
1. アーティスト・トーク
日時: 10月19日(土) 第一部 14:15~15:00 / 第二部 15:30~17:30
会場: 東京都写真美術館地下1階展示室 入場無料(どなたでもお気軽にご参加ください) 
内容: 第一部 2019年度佳作受賞者による作品紹介と制作意図の説明 / 第二部 2019年度優秀賞7名と2018年度グランプリ受賞者による作品紹介、制作に関するプレゼンテーション、作品スライドの上映
2. レクチャー/トークショー
日時: 11月9日(土) 第一部:14:00~15:30 ポール・グラハム 新作「Mother」出版記念レクチャー&写真集販売/サイン会 講演:ポール・グラハム(写真家)、第二部:16:00~17:30 リネケ・ダイクストラ、サンドラ・フィリップス トークショー「ポートレートのかがやき」 講演:リネケ・ダイクストラ(写真家) サンドラ・フィリップス(SF MoMA名誉キュレーター)
会場: 東京都写真美術館 1階ホール
定員: 先着180名
3. ポートフォリオ・レビュー
日時: 11月10日(日) 14:00~17:00
会場: 東京都写真美術館 1階スタジオ 入場無料
対象: 写真新世紀に応募を検討している方 制作に関してアドバイスの欲しい方
申し込み方法: 写真新世紀ホームページを参照の上お申し込みください。
レビュアー: 2019年度写真新世紀審査員、東京都写真美術館学芸員
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年10月19日 ~ 2019年11月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援