塩見允枝子 + 植松琢麿 「星をめぐる冒険」

ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku

poster for 塩見允枝子 + 植松琢麿 「星をめぐる冒険」

このイベントは終了しました。

今回の二人展は、植松琢麿が塩見允枝子に声をかけたことから、コラボレーションが始まりました。植松琢麿が塩見允枝子の作品に初めて触れたのは、8才の頃にピアノで弾いた「星の形をしたワルツ」という曲集でした。それから20年以上の時を経て、ある展覧会で塩見が企画するパフォーマンスに植松が参加し、二人は出会います。それは、2001年に国立国際美術館で行われた「ドイツにおけるフルクサス」という展覧会。その年は植松が作家として活動を始めた年でもあり、この出会いはその後の植松の制作に大きな影響を与えることとなります。塩見允枝子は、日本で最初の即興演奏集団「グループ・音楽」を小杉武久や刀根康尚らと結成し、大学在学中より作家としてすでに活動をしていましたが、1963年にナム・ジュン・パイクと知り合い、パイクを通じてフルクサスを知り、翌年ニューヨークに渡ってその活動に参加します。形式にこだわらず、ジャンルを超え、常に不断の変化を求めて、日常を脱して流れと融合を繰り返すフルクサスの考えと行動は、まさに自身が音楽について考えていたことと同じでした。塩見はそこで、自然や日常の中のさまざまな事象を対象とするイヴェントと呼ばれる作品を作ります。個人的体験の充足ではなく、他者や外部とより広く世界を共有するためのコミュニケーションの在り方が作品となり、地球を一つのステージと考え、自然や日常の中のさまざまな事象を対象として、その行為の中で偶然的に生まれるものを作品とする塩見の表現方法は、まさに植松が「人間も含め自然の流れのようなものを作品に取り」(*対談より抜粋)込もうとし、時間や次元を超える装置を作ろうと追っていたものでもありました。今回、そうした二人がお互いの世界観を共有しながら、くっついては離れ、離れてはつながることを繰り返しながら、作品が生まれました。展覧会の会場で流れるものをぜひ体験していただけましたら幸いです。
[関連イベント]
トークイベント
日時: 4月27日(土)17:00-18:00
登壇者: 植松琢麿、西川美穂子(東京都現代美術館学芸員)
参加費: 無料、事前申込制
※イベント詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年03月16日 ~ 2019年05月18日

クロージングパーティー 2019年04月27日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

塩見允枝子植松琢麿

Facebook

Reviews

TABlog Editors tablog review

10 Things in Tokyo: April 2019

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援