「真珠 ― 海からの贈りもの」

渋谷区立松濤美術館

poster for 「真珠 ― 海からの贈りもの」
[画像: 《パール、エナメル、サファイア&ダイヤモンドネックレス》 カルロ・ジュリアーノ 1880年頃 イギリス  穐葉アンティークジュウリー美術館]

本日終了

世界最古の宝石のひとつである真珠。貝をあけ、そのなかから取り出される真珠は、カットや研磨など人間の手を加える前から美しい輝きを放ち、古くから人々を魅了してきました。真珠があしらわれた宝飾品は、富や権力の象徴でもあり、王侯貴族はこぞってそれらを身につけました。

本展では、古代から近代に至るまで英国をはじめとするヨーロッパ各国で製作された真珠の装身具を展示します。これらの装身具は素材の美しさはもちろんのこと、洗練されたデザインや職人による精緻な細工が施されたもので、真珠の宝飾文化のすばらしさを伝えています。

その他にも、本展では日本における真珠の歴史についても取り上げます。1893(明治26)年に御木本幸吉(1858-1954)が世界で初めて真珠の養殖に成功した後、今日に至るまで日本における真珠の養殖は発展し続けてきました。明治以前の日本では真珠が装身具として用いられることはほとんどありませんでしたが、養殖真珠産業が興った後には、高度な金属細工技法による美しい装身具が製作されるようになりました。
まさに「海からの贈りもの」である真珠。本展ではその魅力を多面的にご紹介します。

メディア

スケジュール

2020年06月02日 ~ 2020年09月22日
8月10日・9月21日は開館、8月11日は休館

入場料

一般 1000円、大学生 800円、高校生・60歳以上 500円、小学生・中学生100円

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
金曜日は20:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、祝日は開館し翌日休館(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合はその土曜日・日曜日・祝日も開館)、展示替期間・年末年始休館

アクセス

〒150-0046 東京都渋谷区松濤 2-14-14
電話: 03-3465-9421

京王井の頭線神泉駅西口より徒歩3分、JR渋谷駅A0出口より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援