野見山暁治 「絵描き、道楽、続けて百年、野見山暁治です」

日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X

poster for 野見山暁治 「絵描き、道楽、続けて百年、野見山暁治です」
[画像: 野見山暁治「目鼻はついた」97.0×130.3cm、2020年]

このイベントは終了しました。

2014年に、百貨店の美術画廊では初となる個展『はじめまして 百貨店 野見山暁治です。』を開催して以来、7年ぶりの待望の個展です。

野見山氏は、1920年福岡県に生まれ、1943年東京美術学校を卒業と同時に応召され、満州で病を得て送還、終戦を迎えます。1952年にフランス政府私費留学生として渡仏、12年に及ぶ滞欧生活を過ごします。憧れていた本物の西洋絵画にふれていく一方で、パリで目にした山水画の幽玄さから自己の中の東洋的感覚に目覚め、それまで描いていた風景や静物、人物といった「かたち」は姿を潜め、目に見えていたものを心象化した作品を制作していきます。帰国後、1972年からは東京藝術大学の教授として後進の育成に努めました。2000年には文化功労者として顕彰、2014年には文化勲章を受章します。

今展では、100歳を迎えてなお絵を描くことが好きで堪らない、それ以外の人生は考えられなかったという野見山氏が描いた新作と近作を含めた約40点を出品いたします 。

メディア

スケジュール

2021年01月09日 ~ 2021年01月19日
最終日は16:00まで

アーティスト

野見山暁治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援