「ポーラ美術館の名作絵画」

ポーラ美術館

poster for 「ポーラ美術館の名作絵画」
[画像: ジョルジュ・スーラ 《グランカンの干潮》 1885年 油彩/カンヴァス]

このイベントは終了しました。

ポーラ美術館の絵画コレクションは、19世紀の印象派絵画から20世紀の抽象絵画に至るまで、質の高い作品によって美術の展開を辿ることができます。今回の常設展示では、「かたち」と「色彩」という二つの観点から、名作絵画の興味深い特徴を繙いていきます。第一のセクションでは、立体である彫刻作品との比較を通じて、あらためて名作絵画の「かたち」にまつわる特徴を浮き彫りとしていきます。彫刻と絵画を比較した際に、絵画独自の表現方法として挙げられるのが、色彩の使用です。「色彩」に魅了された画家たちは、日々の鍛錬の中でその効果を細やかに検証しながら、自らの独創的な表現に辿り着きました。第二のセクションでは、独自の色彩表現に取り組んだ代表的な作家たちを、さまざまな角度からご紹介します。

メディア

スケジュール

2020年11月14日 ~ 2021年04月04日
臨時休館あり

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use