青木美紅 「zoe」

BLOCK HOUSE

poster for 青木美紅 「zoe」

このイベントは終了しました。

青木美紅は、自身が人工授精で産まれたことを知ったことをきっかけに、「人の手が加えられた生命」についての作品を制作してきました。「ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校」第四期の最終選抜展にて発表した《1996》では、青木と同じ1996年に、そして同じ人工授精で産まれた「クローン羊のドリー」と「旧優生保護法」を扱い、刺繍とゾートロープを用いてインスタレーションを展開しました。また、新芸術校の最終選抜展がきっかけとなって『あいちトリエンナーレ2019』への参加が決まり、《1996》をバージョンアップさせたインスタレーションを出品しました。
本展では、「人の手が加えられた生命」をめぐる歴史の起源へさかのぼり、世界で初めて人工授精を成功させたと言われる18世紀の外科医、ジョン・ハンターについての作品を発表します。

メディア

スケジュール

2020年06月21日 ~ 2020年06月27日
開館時間 13:00〜20:00

アーティスト

青木美紅

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援