poster for 「Peel from Nature-自然からの剥離」
[画像: アレックス・ダッジ 《Magician》 油彩、アクリル、キャンバス 112×145cm]

このイベントは終了しました。

本展は活動年代や地域の異なる4人の作家によるグループ展です。「造形性」に着目し、作家たちをつなぎ合わせ、その表現の根底にあるものを考えます。

熊谷守一(1880-1977)は、没後も人気が高まり続けている画家の一人です。初期作品では大胆な筆致が特徴でしたが、年を重ねるにつれ、その形態は簡素で抽象化されたものになっていきます。モチーフはあくまで身近なものを選び、猫や昆虫・草花といった自然にあるものを好んで描きました。本展では油彩画の傑作2点を中心に、水墨淡彩画も展示いたします。

浮田要三(1924-2013)はユーモラスで物質性の強い抽象絵画を発表しました。たくさんの芸術家が参加していた児童詩雑誌「きりん」(1948-70)の創刊から制作に深く携わっていました。「きりん」に関わっていた吉原治良の誘いから、具体美術協会で作品を発表。1980年代から絵画の発表を再開し、晩年に連なる抽象性の高い作品を制作しました。2000年以降に制作された油彩画数点を展示いたします。

アレックス・ダッジ(1977-) アメリカ合衆国コロラド州デンバー生まれ、現在はニューヨーク・ブルックリン在住。ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館に作品がコレクションされています。コンピューター上でモデリングし、木版印刷の技術などを取り入れながら、厚みのあるテクスチャーの油彩画を発表しています。現代社会や日本的な要素を感じさせる新作を発表します。

ラッセル・タイラー(1981-) 2006年にコンコルディア大学を卒業後、10年にプラット・インスティテュートを修了。世界各国で発表を続けていますが、2020年1月にニューヨークのギャラリー The Holeで個展を開催するなど、着実にキャリアを積んでいます。さまざまなシリーズの抽象絵画を制作していますが、本展では最新作である浜辺や空をモチーフにした色彩豊かな新作を発表いたします。

4人の作家に共通するのは、「自然」への眼差しや、絵具のマテリアルや物事の「本質」について考えを巡らせ、絵画表現をしているという点であるといえるでしょう。それぞれのイメージの断片がつなぎ合わさり、地域や時代を超えて接近する造形性や、絵具に対する各々の作家のアプローチをお楽しみいただければ幸いです。

メディア

スケジュール

2020年07月15日 ~ 2020年07月27日
最終日は17:00まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援